10月13・14日に幕張メッセで開催されるSippo Festaのスーパードッグショーのオーディションを受けてきました。

酷暑続きの今夏なのに、前日の夜から豪雨。当日も雨予報で、しかもオーディション会場は屋外のドッグラン。
「大丈夫だろうか・・・、開催されるのだろうか・・・」
と、かなり不安に。
朝から、雨が降ったりやんだりの変な天候の中、埼玉に向かいました。会場に着くと、ドッグランの使用ができなくなったため急遽、オーディションの会場を変更する、とのこと。

ゴルフ場の裏にある空き地スペース。
でも、刈った草がそのまま放置されていて 足を踏み入れると足首まで沈み込んでしまう足場。その草が、前日から降り続いた雨をしっかりと溜めこんでいて、雨の晴れ間の強い日差しで 蒸しあがっているような状態。
かなり環境的には厳しいです

初夏から練習してきた「カルメン」でエントリーです。
フラメンコ用の靴を衣装として用意していたけれど、この足場では最悪の場合は脱げてしまう可能性も・・・
足首まであるダンス用の靴に変更しました。結果的には、この選択は正解でした。
20120707160620+(2)_convert_20120911220305.jpg
woofでの写真です。

綺羅は 暑さで苦しそうで、綺羅らしい生き生きとした動きはありませんでした。でも、コマンドエラーはなく、集中も途切れず、「あぁ、綺羅なりにゆっくりだけど確実に成長している」と、実感できました。

結果は無事に合格。
綺羅らしさが出せなかった演技だったので、ちょっと拍子抜け。
何たって、昨年のオーディションには落ちてるからねぇ(笑)


綺羅にとって、メッセのような大箱での演技は初めて。
チャンスは何回かあったのだけど、いずれも手術やアジ競技会と重なったり、で、結局、演技することはなかったのだ。
大きな会場、大勢の来客、その人たちが連れてくるであろうペット、そうした環境の中で、私と綺羅の空気感を持続することができるかどうか。
どんな環境での演技も 経験値となるけれど、何を目的に、そのためにどういう取り組みをするのか、明確に自分の中で考えてから参加しないと、せっかくのチャンスがもったいない。
上手く演技すること、
よりも、自分達の雰囲気を維持したまま 2分の演技を終えたい。

前日までは、出来るだけの練習を頑張る。
でも、当日は 練習の成果を出し切る、ことより、「楽しみ」ながら自分と綺羅の空気を保つことを 今回の目標にしてみようか、と思っています。




スポンサーサイト
2012.09.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://himekiramama.blog.fc2.com/tb.php/77-67fa995f