上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前日のファンマッチに続き、ワークショップにも参加。
ジャッジであるT先生とY先生による、基礎の指導。

初級者向けクラスとノービス以上のクラスに分かれての、主にポジションについての内容で、ハッキリ言って要求されるムーブの6割は綺羅チームには出来ませんでした。
不器用な私と綺羅にとっては、1つ1つのポジションを時間をかけて丁寧に習得する過程を経てきたけれど、もっと根幹的な基礎の部分が構築できていれば、知らないポジションであっても 即座にポジションキープが可能になる練習法も教わりました。もっとも、綺羅チームにはこの練習法自体を習得することが無理だし、もちろん競技会で用いることもできそうにありませんが・・・

私も綺羅も不器用で、頭が固いという意味では似た者同士です。
競技会に参加し続けた結果、3年間 綺羅を見続けてくださったY先生は当然、そうしたことにも気付かれているため、ワークショップ中に練習するムーブにおいても、「綺羅の場合は混乱するから 今の段階では○○だけでやって」と親切なアドバイス。
確かに、その場をクリアするための練習は私達にとって何の意味もないのです。頭の固い綺羅チームは 不器用に遠回りでもコツコツと積み上げていくやり方がいいのです。

直近のコンペに向けての練習もしつつ、基礎練も並行して自主練し、なおかつ新しい曲を選んだり 何となく構成を考えたり、を同時並行で進めていかなければ フリースタイルの技術は向上できません。怠け者の私には 本当はハードルの高い競技なのです・・・
フリースタイルそのものの指導を恒常的に誰かに指導してもらっているわけではないので、何をいつから練習し始めるか、ということも 自分自身で決めて進めていかなきゃいけない、ということもハードル高し・・・
そういう意味では、ファンマッチなどに参加して他の競技者の演技を見たりすることで刺激をもらったり、こうしたワークショップに参加して技量の足りなさを痛感することも、地道な自主練への意欲付けに繋がります。

充実した内容の1日を終えて、すっかり疲れ果てた綺羅&自分。
帰路につき、帰宅後は車から荷物をおろし、明日からのTタッチキャンプの荷物に積み替え、バタバタと夜が更けていったのでした。

スポンサーサイト
2012.07.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://himekiramama.blog.fc2.com/tb.php/69-813300da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。