上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ヒメちゃんの右目、緑内障を発症してから1年が過ぎた。

当初、眼圧を下げるための点眼薬キサラタンが劇的に効いて、眼圧のコントロールに成功。視力を保つことも期待が持てそうだったけれど、3ヶ月後には視神経が切れ、視力を失った。
それでも点眼薬の効果で眼圧のコントロールを維持できていた。毎月1回、眼圧の検査のために訪れる眼科医には「こんなに上手くいくケースはめずらしい」と言われてきた。
IMG_3150_convert_20120213171522.jpg
右頬は涙やけしてしまった。

年が明け、右目から涙がとめどなく流れるようになり、1月の定期検査では眼圧は75。正常値が13~15だから かなり高い。本人も痛いだろうが、食欲もあり元気。キサラタンの点眼回数を増やすことになった。ほぼ2~3時間おきに点眼するのだから、仕事の時も どこに出かける時も同伴することに・・・

だけど、今日、2月の定期検診で、状態がかなり悪化していることが分かった。もうキサラタンでは眼圧コントロールが出来なくなったのだ。
「それでも 1年間 コントロールできたのはレアなケースですよ」と医師は言っていた。
眼圧は85。キサラタンを頻繁に点眼したことで、角膜の上皮に軽度のビランも出来てしまっていた。最後の望みで、点眼薬を変えてみることになった。今度は β―ブロッカーが入っている点眼薬。これで眼圧のコントロールが出来なければ、眼球を摘出するしかなくなる。

眼球を摘出したら、シリコン製の義眼を入れるか、瞼を縫合するか、のどちらか。私はおそらく 義眼を入れないだろう。

そもそも緑内障とは、眼球で自然に出る「房水」という液体が、「隅角」という排出口から出ていくことに不具合が出る症状をいう。何かの事情で「隅角」が狭かったり、詰まってしまって排水ができなくなって、溜まった房水が眼球を内側から圧迫するために眼圧が上がってしまう。

ヒトの緑内障手術では、「房水」の産出口をレーザーで焼き、水がでてこないようにするが、成功率が低く、同じ手術を2~3回繰り返してやっと成功するらしい。犬の場合、この手術は薦めないそうで、点眼薬による眼圧コントロールが上手くいかなくなると、摘出術に踏み切る。

ザラカムが眼圧を下げてくれるといいのだけどな。

IMG_3151_convert_20120213171732.jpg
左は綺羅の目薬。右がヒメちゃんの新しい目薬。

そして綺羅リン。
先月、綺羅の両目の虹彩の下部にホクロのような小さなシミ様のものが出現。綺羅リンの瞳は色素が薄いので、ちょっと心配になり ヒメちゃんの定期検査の際に 一緒に検査してもらった。

IMG_3148_convert_20120213172424.jpg

「虹彩嚢胞(のうほう)」というものだそうだ。この嚢胞自体は問題がないのだけど、ラブラドールという犬種の場合は問題とのことで、ショック~!!
G.レトリバーとラブラドールの場合、この嚢胞が出来る個体は 将来的に悪性ブドウ膜炎を起こす確率が高い、とのこと。ブドウ膜炎は悪化すると 網膜はく離による失明や 炎症産出物により隅角が詰まって緑内障、などを引き起こしてしまうのです(涙)
しかも ブドウ膜炎の初期段階は気付きにくく、一般の獣医師でも眼科経験がないと ただの結膜炎と診断することがほとんどらしい。

綺羅りんは4ヵ月おきに定期検査に行くことになった。予防措置として、炎症症状を抑えるための点眼薬軸ロードを毎日1回。
サプリメントとして、
・DHA/EPAを与えること、
・アスタキサンチンを補うこと
をアドバイスされた。

アスタキサンチンは自然の食品では、海老・カニ・鮭・イクラ・真鯛などに含まれる色素成分。加熱すると赤く変色するから分かりやすい。アスタキサンチンは抗酸化作用が高く、細胞のバリアを抜けて直接、眼細胞に届きやすいとのこと。しかし、これらの食材を頻繁に与えるのは難しいので 市販のサプリメントを購入した。

病院を後にしてすぐに、ハーブに関する師匠に電話して泣きつき アドバイスをいただく。
・ビルベリーのチンキ剤
・アイブライト
・カレンデュラ
・リンデン
・ホーソン
・ローズヒップ
等のハーブでのケアを続けること。

あ~、眼のことについては 駿薫も緑内障の可能性はなくはないのだよね。ボーダーコリーは先天的に緑内障になりやすい犬種なのだ。
駿にも 綺羅と同じハーブブレンドを与えることにしよう。

何だか とっても落ち込んでしまった。
スポンサーサイト
2012.02.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://himekiramama.blog.fc2.com/tb.php/43-1df96b6d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。