79267560_org_convert_20120111234051.jpg

Many peaple say,
`It is comparatively easy to motivate to dogs in agility or disk game. Because the hurdles or disks are able to be motivators. But it is difficult in obedience or K-9freestyle, because the handler have to be motivator.'
I thought `It's sure.' But I didn't meditate.

I did't have an experience about disk game. But I know agility, obedience and K-9freestyle. It wasn't be motivator the hurdles for Kira. It has been now, Kira can get perfect running and good results recently.

Kira has continued agility 5 years. I and he had changed agility school 3 times. I had some reasons to change the school at that time. I think Kira can motivate to agility by Mr.S trainer.
Kira is field type Labrador, and he isn't selfish. So I could get the perfect running. But Agility is time race. The dogs have to do the best running.

It has past half and a year. Mr.S trainer told me that you never enter the competition while 6 months. Kira didn't have necessity skills for agility. And we didn't have any our rules.
So we practiced any number of times the basic lessons, and it was valuable for us. After 6 months, we entered the ocompetitions, but the results were ordinary.

But suddenly Kira changed !
At the lesson time and the competitions he often whine and gaze the running dogs in the link. But he never be out of control. He appeals me, 'Want to run!'.
He lives up to my command with enthusiasm and coolly.

I think motivate of dogs equal one's confidence.
So I have to train to draw confidence!

The agility equipments are only materials for Kira. They can't excite Kira. He enjoys to run and jump with my command. He seems happy that he can live up to Mam's expectations.

Some dogs have high energy and they want to work by birth. But my dogs are not so. My border collie isn't so,too. He likes to train, but he needs good relationship with me.

I needed one and half a year, although the agility is said to motivate is easy. With expert trainer can point out apt criticism. Although the agility we can't master. We can only try to better even harder. Because I train Kira without consistency while 3 years.

We fail obedience.
But it's proper.

I fail that the training didn't let to success to draw out his confidence. It's just ME!
Ah・・・I was said from Mr.S trainer, 'Don't help unnecessary to Kira. If he'll fail, it's OK, So he can learn.'
It's true.
I want to sense of training.

106035914_org_convert_20120111234451.jpg


よく「アジやディスクは ハードルやディスクそのものがモチベーターになるから 犬の意欲は比較的簡単に引き出せるけれど、オビやフリースタイルはハンドラー自身がモチベーターとならねばならないから難しい」という言葉を聞く。
私自身も「そうだよねぇ・・・」と思っていた。深く考えもせずに。

私はディスク競技はやったことがないので分からないけれど、アジ・オビ・フリースタイルは齧っている。
少なくとも 綺羅にとっては ハードルがアジリティのモチベーターになることはなかったし、結果が出始めた今でさえ ハードルはモチベーターになっていない。

綺羅のアジ歴はもう5年になる。今のスクールは4つ目。その時々で思うところがあってレッスンを受けるスクールを変えたのだが、綺羅の意欲を引き出せるようになったのは、今のS先生あってこそだろう。
フィールド系のラブラドールだし、元々 勝手なことをしたりするタイプではなかったから、アジリティの真似ごとは出来ていた。でも アジリティってタイムトライアルなのだ。その犬なりに 最速に走れなければ意味がない。
今のスクールに移って1年半。移籍して、「半年間は競技会には出さないように」と言われた。アジに必要な犬が習得すべきスキルもなかったし、ハンドラーと犬との決まりごとも作れていなかった私達には、ベーシックなことを繰り返すレッスンはありがたかった。半年が過ぎ、少しずつ競技会に出始め、結果もそれなり。

そんな綺羅が突然、変わった。
レッスンの時も 競技会でも、走行順を待つ間、鼻をならしたり、リンク内を走る犬を凝視するようになった。かと言って、興奮し過ぎてアウトオブコントロールになるわけではない。「自分も走りたい!」と鳴くのだ。
熱い心に 頭は常に冷静で、私のコマンドもよく聞いているし 私との決まりごともキッチリこなしてくる。

意欲って、「自信」のことを言うのではないかと 最近は思う。
だから「自信」につながる練習をするべきなのだ。

綺羅にとってアジ器材は道具にすぎない。私の指示を聞きながら走り、そのコマンドをこなすことで褒められことが嬉しく楽しいのだ。今は 自分がママに応えられる、という自信が意欲になっているように思う。

確かに、犬種や血統によっては最初から「意欲的」で、仔犬の頃から一般犬とは違う子もいる。じっとしていることが退屈だし苦痛で、何かをやりたくてやりたくて仕方ない子も。
だけど私の犬達はそういうタイプではないのだ。
初めて迎えたボーダーパピーもとても繊細なタイプで、私とのコミュニケーションがあってこそ意欲的に動く犬だということが最近わかった。

簡単に意欲を引き出せると言われるアジリティでさえ、1年半も修正にかかったのだ。それも 常に的確な指摘をできるトレーナーの元で。そのアジでさえ、綺羅は極めることはできない。お茶を濁しながら 少しでもよい結果に繋がる様に続けることしかできない。今のスクールに来るまでの3年半の間に、一貫性のないトレーニングを積んできたためだ。

オビにおける「意欲」に躓いている私達
でも 当たり前だよねぇ・・・
本当の意味での「自信」につながる様に できなかったのだから、私が
あぁ、今日もS先生から同じことを言われてしまった。
「失敗させないようにと 余計なフォローはやめてください!」
そうなんだよね。
トレーニングセンスのなさが悲しい・・・


スポンサーサイト
2012.01.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://himekiramama.blog.fc2.com/tb.php/37-52c2bdcf