6月3日に左前足を負傷したシュンクン。
左前肢は、過酷な負荷がかかったために変性していることは1年前に判明していました。幼少期から過度なアジ練を重ねたことが原因と考察されます。レッスン受講+自主練習は週5日を超す週も少なくなく、4歳半頃に、走る際に両前足の上がる高さに差があることに気付いたため生体細胞採取術を行ったのです。ラボからの回答は、
「肘関節、及び骨に異常は認められず。しかし、腱や靭帯に軟骨成分とおぼしき異物の取り込みが見られ、この異物含有により腱や靭帯の柔軟性が損なわれている可能性が高い。」
というものでした。
この細胞採取後、切開した部位を縫い止めた内縫合糸(溶ける糸とされているタンパク質性の糸)に免疫反応が出て、患部が噴出。筋肉と皮膚の再生に合計8か月を要し、その間は運動制限、という使役犬にとっては長くツライ日々が続きました。

皮膚の再生手術が終わった後、バランスエクササイズを取り入れて不均等になった四肢の筋肉量を近づける努力を10か月間、続けてきました。本人はいつも元気だったし、馬尾症候群を抱えた下半身に無理のかからない運動をつづける限りは日常生活にも何の支障もないように見えました。

以前のトピックにも書きましたが、麻酔にアナフィラキシー症状が出るシュンクンにはCT撮影などで患部の特定をすることも、内縫合糸に拒絶反応が出るため外科手術による腱や靭帯の縫合術も不可能です。私が選択した治癒法はホメオパシーによる自然治癒でした。

私が信頼するホメオパスによるカウンセリングを受けた際に、
「肝臓の疲弊がものすごい。通常個体の数値を100とすると、シュンクンは50以下。具体的には、麻酔毒による肝臓疲弊。肝臓が疲弊していると、個体が本来持っている自然治癒力や免疫力が機能しない。」
と指摘されました。

犬の食事についてのカウンセリングを行っている私の仕事の関係上、我が家には肝臓ケア用のサプリメント類は複数種常備していたし、当然、そうしたものを用いて通年の肝臓ケアを怠ってこなかったため、この指摘にはかなりショックを受けました。
けれども、6年間のシュンクンの人生の中で、1歳2か月時、3歳8か月時、4歳8か月時、5歳2か月時、5歳3か月時の合計5回の麻酔で、アナフィラキシー症状が出るようになったことは事実です。同回数の麻酔でも副反応が出ない個体がいることも事実。まずは、ホメオパシーによる麻酔毒出しを図りました。

ホメオパシーでは、過去に体内に取り込んだ有毒物質は最新のものからしか排毒できません。QXソフトによれば、シュンクンの肝臓に蓄積している毒は、麻酔毒、ワクチン毒、エトキシキン、ステロイド、放射線、など。最も酷いものが麻酔、ということです。

ホメオパシーレメディを摂取し始めて10日。まったく変化なし。同じレメディを、服用の仕方を変えて10日後、シュンクンの右目の際にデキモノが。
IMG_20170702_095150_convert_20170803181721.jpg
実は、麻酔のアナフィラキシー症状が最も顕著に出たのが、右目でした。ボンと大きく腫れて、充血が酷く、腫れが完全に引くのに5日を要しました。
このデキモノが出来たころを境に、シュンクンの前足の使い方に変化が。本人も意欲的に動こうとします。良い兆候!
1日に5回ほどの排尿の色が濃くなったり、薄くなったりしましたが、全体に排尿量が増えました。そして腹部の皮膚の色が顕著に変化。
IMG_20170803_175246_convert_20170803182203.jpg

もともとキレイな腹部の皮膚でしたが、排毒を意図し始めて1か月半経過した今、全体に以前よりも白っぽくなっています。

月に2回、施術を受けているカイロプラクティックの獣医師からも、
「肝心要(かんじんかなめ)の肝臓、腎臓、心臓のケアは大事」
と。
腹部の皮膚の厚さや色は肝臓の状態を反映するそうで、白っぽくなっているのは排毒中だそう。この後に少しピンク色を帯びてきたら肝臓の中はかなりキレイになっているそう💛

1か月半、麻酔の排毒を意図した後に、再びホメオパスによるカウンセリング。
麻酔毒は完全には出し切っていないものの、数値は50くらいまで改善。QXソフトも、現行で一番悪影響を及ぼしている体内毒はワクチン毒、と。ワクチン(狂犬病)による毒は、ホルマリン、水銀、鉛、などを含むと考えられます。8月末までは、これらの排毒を意図してレメディを変更。加えて、腎臓のサポート。
排毒を行うと、肝臓の状態が良くなるものの、肝臓も腎臓も疲れます。よって、通常の運動量でも疲れやすくなることも事実で、最近のシュンクンは家内ではシニアのように寝てばかりです。
もちろん活動時は活発です。

そして、6月末にできた右目のデキモノ、今ではこんな感じになりました。
IMG_20170803_180640_convert_20170803182354.jpg
ほとんどワカラナイ~

健康相談を受けている際に肝臓のサポートケアをお薦めすると、
「うちの子、血液検査ではまったく問題ありませんから」
と言われることはよくあります。
もちろん、我が家の歴代の犬達含め肝数値に問題が出た個体はいません。それでも、シュンクンの肝臓の状態が良くなかったことは事実だし、肝臓状態によって彼本来の自然治癒力が阻害されていたことも事実だと思います。
血液検査で肝数値に異常が出る時には、肝細胞の75%がダメージを受けている。と、ホリスティック系獣医は言います。そうなる前に、日頃から肝臓ケアを継続することが大事なのだ、とシュンクンに身をもって再認識させられた思いです。

チーも当然、パピー時にワクチンを接種していますから、近いうちに排毒をさせたいと考えています。

シュンクンの場合は、前肢トラブルの治癒遅滞、という形で肝臓の状態が悪いことが判明しましたが、こうした形で判明しないまま生活を続ければ、肝臓や脾臓などの内疾患と言う形での発現になってしまいます。
ウルソのような臨床薬やハーブ系のサプリメントは肝細胞に外側からの+α的なサポートはしてくれますが、根本的な排毒までは意図できません。ホメオパシーのような自然療法がもっと周知されると嬉しいです。
ちなみに、ホメオパスによっても異なるでしょうが、療法によるセッション料金は、
カウンセリング 1回8,000円
レメディ    1か月分 8,000~10,000円前後
です。
1か月で2万円ほどかかる計算ですが、3~4か月で1ターンと考えていいと思います。




スポンサーサイト
2017.08.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://himekiramama.blog.fc2.com/tb.php/318-ffe79d0a