シュンクン、再び左前足を負傷しました。

Woofの林ランにて。
母が投げた玩具を追いかけて、地面から咥えようと頭を下げた瞬間にチーがタックル。林ランは地面が天然のため、朽葉で凸凹しています。頭を下げた態勢で、足元のグリップがきかなかったせいなのか、左の前足に妙な加減で負荷がかかってしまったようです。
玩具を奪い取ったチーが走り去った後、左前足を上げたままよろよろしているシュンクンがいました。

歩かせない方がよかろう、とチーを繋いだリードを肩掛けし、シュンクンを抱いて体育館まで。ほんの200mほどの距離なのだろうけど、重い~。
足先、手首、肘、上腕、肩などTタッチしながらくまなく触りましたが、熱感なし。微細なタッチワークならシュンクンは受け入れてくれ、激しい拒絶部位もなく。
3時間ほど様子を見たけれど、好転せず。
帰宅後、ホメオパシーレメディ「ruta」を投与。

一夜明け、左腕を触ると上腕部に少し熱感。朝も10分おきに「ruta」を投与。
昨年、バイオプシー手術の後に皮膚の生着に苦しんだのと同じ部位。少し心配です。
もしも骨にヒビが入っていたら、と考え獣医へ。

念のためにレントゲン撮影。
肘の骨頭部を見て、山手のU先生は「かなり肘関節の外側がギザギザですね」と。
昨年バイオプシー術をした長野のA先生の見解と同じ。A先生は、骨腫瘍か骨融解の疑いがある、と。
でも、その生検の結果は異常なし。
ヒビは入っておらず、おそらく上腕の裏側の腱の炎症、とのこと。ボーダーコリーには多いトラブルだそう。
処置としては、トイレ出し以外はとにかく「安静」。
シュンクンの場合、免疫反応が非常に活性しやすいので、場合によっては過剰活性する可能性アリ。その場合は、患部にとってマイナス要因になるため鎮痛剤などを用いる必要が出てくるが、今の段階では投薬の必要もなし。

自宅から車までは抱っこ。車から病院などはカートでの移動が必須になりました。
カートに乗っているだけでも可愛い

IMG_20170604_110456_convert_20170604141314.jpg

私自身も体調不良の兆候はすべて左側に反応が出ますが、シュンクンも同じだね。
しばらくは職場にも同伴。安静にして早くよくなるといいね。






スポンサーサイト
2017.06.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://himekiramama.blog.fc2.com/tb.php/315-f82aabf1