今季のドッグダンスシーズンが始まりました。
いろいろな団体が競技会やファンマッチを開催します。我が家にとっての幕開けは、山中湖woofで開催のオプデス競技会から。

昨年1年間はドッグダンスイベントにブランクのあったシュンクン。怪我の療養もあったけれど、演技中にストレスサインが多く見られることが気になり出陳のために練習を積むことをストップすることにしたためです。
演技中の鼻鳴きにはいろいろな因子があると推測できます。
1.演技を構成する1つ1つのコンテンツの理解精度に自信がないこと。
2.人前での演技は衆目に晒されるため、そのことが苦手であること。
3.リンクという囲いの中に入ること自体にトラウマがあること。
etc...

以前は、ドッグスポーツで練習の成果を発揮するためにはトレーニングを密に積み上げれば良い、と考えていました。でも、それだけではダメなのではないか、とも思っていました。精神面を強くするためには、「とにかく経験値をあげるために競技会やイベントに出すべき」という考え方もありますが、それをやって私の犬たちはつぶれたことも事実です。精神面、感情面でのサポートを、イベントに出ない方法で模索してみました。
この競技会でのパフォーマンスにおいては、シュンクンの場合はそれが功を奏したように実感しています。


Tタッチの理念の1つに、「身体・精神・感情」のすべてのバランスをとれることが大事、ということがあります。

シュンクンの場合、身体のバランスも疾患のために悪いため、感情が不安定になりやすいことは前提にあります。身体のバランスは、日々の運動保証だけでは偏ってしまいがち(使いやすい部位だけで体を動かすため、各部位の筋肉量が均等でないことはままあります)。これについては、昨夏からバランスエクササイズを行っており少しずつ四肢の筋肉量の不均等さ、腸腰筋の少なさ、などが改善しつつあり、立ち姿などにもあからさまな変化が出始めています。

私はトレーニングの積み上げそのものも「身体」と捉えています。演技の構成を犬が理解し始めると、ポジションやトリックの流れを覚えて身体を使うからです。また、表面的に目で見て分かりやすい、という点でも「身体」として認識しています。
1曲の中で使われるすべてのポジションとトリックの理解精度の確認&刷り込みなおし、を数か月かけて行いました。

シュンクンの心の問題へのアプローチとして、身体よりも「精神」と「感情」へのネガティブなものを払拭したい思いが強くありました。
自分が出陳しない競技会場にいるだけで、カーミングシグナルを出しまくっていたシュンクン。「ステイ」や「伏せ」「ハウス」などのコマンドを出されれば自制心でそこに留まることはできるけれど、「厭な場所だ」「何かをやらされるんだろう」などという感情を、人間がコントロールすることは不可能です。
「成功体験で楽しく終わる」は鉄則ですが、既にそれに失敗してトラウマを抱えた犬の場合は成功体験に導くのが非常に難しい。
ドッグダンスによって生じたトラウマを、ドッグダンス以外の方法で払拭するためにTタッチを用いてみました。

実は、この競技会の前日は清里にて個人の馬主さんの馬へのTタッチセッションに出向いており、その農場の駐車場でずっと待機していた我が家の2頭。馬へのワークの恩恵は、4日間の馬のWSに犬達を同伴した時にも感じていました。直接、犬にTタッチをしないのに、精神的に非常に落ち着いて過ごすことができるのです。
このことも競技での感情面の落ち着きに影響があったように思います。

もちろん、自宅でのTタッチも競技会の10日程前から意識的に1日5分ほど行いました。
競技当日、会場脇のフリースペースで一般犬のオフ会があり、競技開始直後に興奮した犬同士による争いや吠え声による喧噪が強烈でした。競技に参加する犬たちがクレートの中でわさわさしたり、怯えたりする反応を見せていました。
もちろんシュンクンの耳も目も反応。よろしくない兆候です。
走り遊ぶ犬たちが見えない会場隅に移動してTタッチによるボディワークを施しました。気持ちはざわざわしているようでしたが、その場にとりあえず居られる(意味が分からない方は、TタッチのWSでお待ちしています)ように。

この半年間のトレーニングの取り組み、Tタッチによるアプローチ、などが上手くいったのか、シュンクンは1度も鼻鳴きすることなく2分40秒を踊り切ることができました。
このことが とても とても嬉しい。
強く繋がっている瞬間を実感できた時間でもありました。中盤以降はあたふたしてたけどね(笑)。

オマケに、エントリークラス1席&オールクラス最高芸術点賞、までいただいて本当に驚きました。
この半年間、取り組んできたことが本リンクで生かせるかどうか、を検証するためにエントリーしたので、順位や点数に重きをおいていなかったのですが、人に認めていただけることは嬉しいことではあります。総出陳者数が少なかったから、芸術点賞いただけたのも事実ですが。

HTM部門 ノービスクラス 1席(技術点 9.03 芸術点 9.16)
最高芸術点賞

IMG_20170408_171218_convert_20170409092042.jpg
IMG_20170408_165901_convert_20170409092109.jpg

スポンサーサイト
2017.04.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://himekiramama.blog.fc2.com/tb.php/311-a78e29e8