屋内でのサーチ、屋外でのサーチ、など、環境設定はいろいろな経験をさせる方がいい、とのことで、今回のレッスンは自宅の庭で行うことに。

屋内サーチの場合、エアコンによる一定の向きからの風の流れと、それが壁や物体に当たって拡散する空気の流れを考える必要があるのだけれど、屋外サーチの場合は風の向きはもっともっと複雑になります。
作業の難度を下げる必要もあるし、作業そのもののセッション回数などにも配慮が必要で、やはり自主練ではこういう配慮の見極めができません。

この日のレッスンでは、シュンクンの集中力と意欲、服従性、作業の理解度、などの手応えを実感できました。
たまたま、近所で配管工事をしていたためにものすごい轟音でしたが、そのために作業集中が阻害されることはまったくありませんでした。

IMG_20161024_120352_convert_20161121234054.jpg

なかなか正解が出なくても、決して諦めず、かと言ってハンドラーにも先生にもアイコンタクトなどで助けを求めず。根気よく鼻を使い続けて、正解ゲットしていました。GRTのM先生に、
「シュンクンにはプログラミング能力があって驚かされる」
と言われたことがありますが、この日、その言葉を何度も実感する行動を確認することができました。

プログラミング能力がある犬は作業の理解が早いですが、弊害もあり、頭が固くなりやすいのも事実です。様々な環境設定を経験させないと、こちらが意図した作業完成図とは違う理解になってしまうことも起こりやすい。
丁寧に基礎練習を重ねて行こうね~


スポンサーサイト
2016.11.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://himekiramama.blog.fc2.com/tb.php/297-c4116386