上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ノーズワークセミナーに参加してきました。

以前に、ノーズワークのレッスンを受けたことはあるけれど、概要などをきちんと理解していなかった自分。
話は変わって、昨年から競技スタンスで参加し始めたGRTでは、遠隔での作業中に 犬のノーズワークが不可欠です。昨年はノービスクラスでの参加だったので、犬もある程度「視認」できる範囲での作業だったために好成績でした。しかし、クラスアップすれば 設定される作業範囲は広範になるうえ、「視覚」には頼れない作業も必須です。
何とか、鼻を使うことを教えなければ、と模索していたことも事実です。

ノーズワークは、現在、 アメリカで非常に人気のある競技のようです。主催できる団体が限定されているため、競技参加のために3日間も車で移動する競技者もいるそう。
競技クラスに至る前の導入段階で、どのように犬に
「親切に」
「分かりやすく」
教えていくのか、というのが 今回のセミナーの目的だったようです。

ノーズワーク競技自体は、アロマオイルを用いた元臭をイヌが探し当てる、というゲームのようです。
このゲームそのものよりも、そのトレーニングの過程でのトレーナーの留意点に感銘を受けてしまいました。

私が今まで、自分の犬にやってきたこと、って・・・
押し付け以外のなにものでもない・・・
「犬の義務感」とか アリエナイものだったんだ・・・
強制、とか 叱責、とか  はぁぁ、ごめんね 綺羅りん、シュンクン

振り返って考えてみれば、綺羅やシュンの鼻鳴き。ストレスサイン以外のなにものでもない。

今回の講師のロクサンヌさんのこと、まったく知らなかったし、このセミナー自体もひょんなことから偶然に開催を知ったくらい。
でも、ドグスポに気持ちが引き引きの私が このタイミングで このセミナーを受けたこと。偶然じゃないんだろうなぁ、とか思ってしまいました。
ヒメちゃんや綺羅リンの意志を感じるよ~。

やっぱり日本のトレーニング法って 遅れているのだね。
イヌに何かを「させる」という思考自体が歪んでいるわ。

とても有意義で、大いに反省し、ちょっぴり前向きになれたセミナーでした。

スポンサーサイト
2016.05.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://himekiramama.blog.fc2.com/tb.php/278-440b215f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。