6月末日が締め切りだったビデオコンペの結果が、やっと届いた。
通常、ビデオコンペは3ヶ月ほどで結果が送られてくるものだけど、今年はWCFO創設10年の大きなイベントが8月に開催されたりしたこともあって、ビデオコンペのジャッジングが遅くなったようだ。

昨年秋から取り組んできた「Por Una Cabeza」。
6月のDog Dance JAPANのイベントを終えた2日後に撮影した動画。

3人のジャッジのスコアシートとゴールドメダルが届き、HTM ビギナークラス 1席で 無事に合格。
ジャッジの好みや主観に基づいた採点なので、若干 点数に差がある。

技術点8.8 芸術点9.2
美しい。正確なポジションをずっと維持している。

技術点8.4 芸術点8.5
素敵な衣装。ワルツとタンゴのルーティンを通していて、一貫してピタリと付いたヒールポジション。3つのサイドと2つのポジション。身体と脚の動きがよい。Well done.

技術点8.4 芸術点9.4
見たことのあるHTMの中で最もよい演技の1つ。大変に素晴らしい。とても素晴らしいルーティンなので もっと高い技術点をつけたかったが、3サイドしかないため(後ろがない) 点数を与えることができなかった。

今から思えば、人の社交ダンス(コンチネンタルタンゴ)のステップに合わせながら脚側を維持する、という 過酷なルーティンだった。シュンクンは大変だっただろうな。
この動画の撮影は6月で、暑さも加わって本当に辛かっただろう。一生懸命に応えてくれたシュンクンに感謝。
もう、こんなに難しいルーティンを要求しないからね。


スポンサーサイト
2015.11.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://himekiramama.blog.fc2.com/tb.php/245-cad979de