上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
3年ほど前から 綺羅りん・シュンクンの2頭のオビレッスンをお願いしている先生に、DDJでのシュンクンの演技の動画を見てもらった。
何も言わず動画を見ている先生に、演技中に感じた思いや Kathからの指摘を伝えると、
「う~~ん。ただ 自信がないための 鼻鳴きではないですかねぇ」 と ぼそり。
「え? 単純にそれだけのことですか? 日常生活での接し方や 諸々の問題はないですか?」と 私。
「いやぁ~、生活全部を知らないですけど、特に問題ある関係とは思いませんけどね・・・ 演技中のポジションの精度がかなり低いのは事実だし、自信を持てるだけの刷りこみをすれば解決できるんじゃないかと思いますけど」と。
シュンクンの鼻鳴きの原因として、先生の見解は2点。
・ポジションの理解の問題。
・2分15秒という時間の問題。

Kathからレクチャーされたトレーニング法についても伝える。(トリーツを3回与えたり、クリッカーでマーキングすること、タグは使わないこと、など)
「ボールの使用はダメなんですか・・・  シュンクンのことを ブレーキのついていないフェラーリのようだ、とは僕は思いませんけど。まぁ、じゃ そのレクチャー通りに しばらくはやってみましょうか」

今後は 服従訓練をメインにし、フリスタは考えないことにしたほうがいいのではないか、と思っていることを伝えると、
「いやぁ、僕は逆に やり込んだほうがいいと思いますよ。」 と。
服従競技で求める左脚側と同程度の精度理解を、すべてのポジションで理解させるトレーニングをしましょう、とのこと。
先生は 私よりも遥かに前向きだ。
まだ やっていないことの余地があるなら、取り組むこと自体に 意味があるし 期待も持てる。


トリーツを頻繁に与えて トーンダウンさせつつ クリッカーでマーキングしながら ヒールワークのトレーニング。
シュンクンの様子はまずまず。自分のテンションコントロールの方が 大変。 つい オーバーに褒めたくなってしまうためだ。

しかし しかし。
脚側の練習なら通用した 鼻鳴き防止練習法。だけど MFを練習しようとすると、ただの脚側でも鼻鳴きが・・・
他、回転を伴うムーブは 鼻鳴きが出やすい。
先生は、「MFの方のムーブでは もっと頻繁にトリーツを使ってみましょうか。それと ムーブ自体の動きの速度をゆっくりで練習してみましょうか。」 + Tタッチの用具を用いて シュンクンの自制心を促してみることを 取り入れることに。
MFについては 長い目で考えたほうが良さそうで、1曲を通しで動けるようになるには かなりの時間を要するかもしれない。


静かに犬と接するトレーニング法を取り入れたものの、日々の練習で自分のフラストレーションが溜まってしまい 先生に泣きつく(笑)
「シュンクン やるよ~」から始まり、
「そうそう~、グー」と褒めることも、
すべての声がけが 気の抜けたような小さな声。まるで 病人が家内にいて 大きな物音をたてないように生活しているかのようだ

「今まで通りにタグトイも用いて練習するし、ブレイク前にの解除コマンドは大きな声で褒めてもいいと思います。ただし、30~40秒間の 厳密な精度でのポジション維持は 犬に厳密に求めてください」 と 先生。
この間、ポジションを外した場合 否定語は用いず 求める位置のポジションの名前だけを言い、犬が正しい位置に自ら入り直せたら静かに褒める。ただし、もう1度 スタートからやり直し。ハンドラーが決めた時間内をやり抜けたら、オーバーに褒めて解放。
いたってシンプルなトレーニング法だ。
今の段階では 鼻鳴きが出ても構わず、鼻鳴きに対する指摘はいらない、のだそう。 これを言われたときには「そうなの??」と思ったのだけど、鼻鳴きが出るときにはポジションの精度は荒れるのだから 厳密なポジションを維持しようとシュンクンが必死なら鼻鳴きは出ないハズ。理に適っているのかもしれない。
何より、この練習法での犬への接し方の方が 私に合っている、と思う。

実際に 30~40秒間 厳密にポジションを求め続けて練習し直している今、シュンクンからは静かな集中を感じられる。鼻鳴きは1度も出ない。
30~40秒を 50~60秒にし、 90秒、120秒、と 良い集中の中で 厳密にポジションを維持させる練習が足りなかったのかもしれない。犬とのトレーニングのはずが、イベントに間に合わせるためだったり 1曲を踊りきることの方に 自分の意識が向いていた、ということなのだろう。
今のところ、シュンクンペアの取り組みは 地道にこんな感じに進めてます。
トリックムーブでの練習は、速度をゆっくりめで トリーツを頻繁に。これの効果については 進展がみられたら またトピックにするつもりです。


スポンサーサイト
2015.06.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://himekiramama.blog.fc2.com/tb.php/219-0583e8d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。