上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
エントリーしてあったものの、出陳するかどうかギリギリまで迷った競技会。
でも、もうこれでアジリティそのものを引退するかもしれない、という思いから無理をおして出陳することに決めた。
そして、この日の走行が 公式競技でのシュンクン最後の走行となった。


この日から遡ること10日。
何度も、1本目のバーを落とす。スタートで待たせる位置を調整しても 落とす。
こんなことは今までなかったので、不審に思う。
その翌日、帰宅すると階段下のカーペットに排尿してあった。我が家の動物達のトイレは2階にある。
その翌日のアジレッスンでも 1本目のバーを落とす。この時から 右後肢先を少し浮かし気味に。 
肢先の骨にヒビでも入ったか、それとも腰痛か。確認のために近所の獣医でレントゲンを撮影。

鮮明な映像でないものの、腰椎の6~尾椎にかけてブリッジ様のものが出来ているのが分かった。足先の骨には異常なし。
鮮明な画像を撮るには CTかMRIを撮影する方が良い。主治医は週末の競技会に出た後に、CT撮影を薦めた。
動物がCTやMRIを撮影する場合は 全身麻酔をかけることになるためだ。
練習も止め、身体を冷やさないように留意して、ほとんど自宅で何もさせずに一週間を過ごす。

千葉の野田は 風がなかったけれど日差しが乏しく寒かった。
車で待機させ、身体を冷やさないように気をつける。
最近の競技会は、バーの高さが60cmになってはいるが 腰痛を抱えているかもしれないシュンクンにとってはキツイ走行かもしれない。バーを跳ばせる角度をできるだけ直角になるようにすることで、バーノックを防ぎたい。
そんなことを考えながらの走行で、思うようなハンドリングが出来なかったし 後手後手になってしまった箇所もあったけれど、シュンクンは楽しそうに走っていた。
最後の最後のバーが落ちてしまったけれど、母が満足できる走行だったよ。
ありがとう、シュンクン。




停座からのジャンプ、コンタクトで速度を削がれた後のジャンプ、など 勢いがない状態で跳ぶことがもう負担だということがよく分かった。落とさなかったものの1本目のバーに足先が当たった音がしていた。ラストのバーノックも、身体が原因ならどうしようもない。
「これで引退」、と気持ちの踏ん切りのついた瞬間でもあった。


今後は バーなし、または バーダウン(30cm)くらい?などで 気楽に楽しむアジリティを時々 保障するくらいしかできないだろう。
意欲が高く、共同作業の認識の高いシュンクンからアジリティをなくすことは 本当に寂しく ツライことだろう。
私自身にとっても 未練はある。やっと少しずつ繋がりを感じ始めたのになぁ。
アジリティに代わる充実した活動を見つけようね、シュンクン。





スポンサーサイト
2015.02.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://himekiramama.blog.fc2.com/tb.php/198-4526f812

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。