上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今年の5月に路上で保護したカメ美。

庭に、パピー用サークルを設置。その中にセメントを捏ねるためのプラ舟を置いて水を張り、泳いだり 歩いたり 日光浴したり 気ままに過ごしていたよう。最初は市販のカメ餌を与えていたものの、やはり「自然食」の方がいいよね?と考え直し、
カマスやタラなどの白身の魚や 鶏の胸肉などに変更。馬肉や牛肉などの赤味肉はお好みでないようでした。

12月に入り 与える魚などを食べなくなり、ほとんどの時間を水中に浸って過ごしているカメ美。
急に寒くなったし、寒さを凌ぐために水中にいるのか?
たまたま 爬虫類の飼育に詳しい方とお話できる機会があり訊いたところ、
「野生のカメは越冬のために冬眠する。冬眠前に十分に栄養を蓄えないと 冬眠中に死んでしまう。河川や沼に生育するカメは 海魚より淡水魚の方が食性が適しているかも。」
とのこと。
急いで、ドジョウを発注。その日は ワカサギを買って帰るが カメ美 食べず。

ネットで調べたところ、ミドリガメは冬眠した方がよく 冬眠しないと体力を消耗するそう。
冬眠は、朽葉や土中、水中?、でするらしい。
冬眠前は、自ら絶食し 消化管内の排泄物をすべて出し切ってから冬眠するらしい。
エラ呼吸しないのに 水中で冬眠する、という意味がよく分からないのだけど、水が凍結すると そこで冬眠しているカメも死んでしまうらしい。

活動適正温度が28度前後なのだから、12月に入って以降の横浜の戸外では寒すぎるよね、と思い カメ美 室内へ。
IMG_4430_convert_20141212110403.jpg

冬眠に適した温度は5度くらい、とのことなので 火の気のないリビングにケージを置く。
土でも 水でも カメ美が好きな方で冬眠できるよう小さな容器で用意。できれば 冬眠前にもうちょっと栄養を蓄えて欲しい、
などと思っていたのだけど・・・
生育環境の温度でカメの活動が変わるのは本当で、2日で実感。
土の入った容器と 水の入った容器とを何度も往復。それだけ動くのだったら、届いたドジョウを食べてくれるかな、と期待。元気のないドジョウを1匹、水の容器へ。

ところが ドジョウを食べず。
でもさ~、生きてるドジョウさん 1キロ分も バケツにいるのよ。
このドジョウさん達 どうすればいいの???
そして カメ美自身にも食べるだけ食べて栄養蓄えて 順調に冬眠してほしいのに。
暖房器具のない部屋が10度を下回るようになれば 放っておいても冬眠するのかしら・・・
詳しい方がいらっしゃいましたら 是非 飼育について教えてくださいませ。

IMG_4429_convert_20141212000002.jpg

カメ美が興味をもたないドジョウさんだけど、カンケーない方は興味津々。
スポンサーサイト
2014.12.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://himekiramama.blog.fc2.com/tb.php/195-31a11b15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。