上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先週の熊本に続き、週末2日間 新潟のOPDESアジ競技会。

この2日間の競技結果は本当に散々でしたが、それも当然の結果でした。
先週は初めての空路を経験し、暑い中2日間で10走。この疲労から完全に回復していないのに、週日は2日間のアジ練習。そして新潟への遠征。どれほどホームケアをしようとも、その程度のことで身体を本調子に戻せるハズがなかったのです。
シュンクンには 本当に理不尽で過酷な経験をさせてしまいました。
若いから、意欲の高い使役犬だから、という こちらの都合のいい解釈で、強引な遠征をさせたことを大いに反省。

1日目
JP3 失格
AG3   失格
IFCS AG 失敗1 4席

2日目
JP3  失敗1 3席
AG3  失格
IFCS AG 失格

ポイント獲得のために、スキルも足りないペアが強引な遠征を続けたことによる散々な結果。競技の結果だけでなく、この遠征の6走で浪費したために失ったものも多いんだろう。
スラロームやコンタクトの精度
スタートでの待機姿勢の精度、など。

だけど この遠征で得られたものもある。
決定的に足りない コースを走行し切るためのスキル。
何よりも 人間が考えるほど犬の体力は無尽蔵ではない、ということ。

今後 どのようにシュンクンとアジリティに取り組むか 深く考えるきっかけにもなった新潟遠征でした。
あー、それにしても 自分の股関節と膝の痛みはいかんともしがたい。遠征での長時間運転が、この痛みに拍車をかけることも明白に分かった遠征でした・・・


スポンサーサイト
2014.06.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://himekiramama.blog.fc2.com/tb.php/179-8ff6b795

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。