OPDES選抜の日本代表ペアがエントリーできる国際大会の一つ、IFCA。今年のIFCAは、オランダで開催されていて、昨日 競技終了。
スクールからは、スモールクラスのLちゃんペアが選抜されて、個人成績5位。
スゴイ。
4日に渡る競技はタイムスケジュール的にも、種目数的にも、とても過酷。土曜日など競技終了が22時だったそうだ。
そんな中で、気持ちを保って一定以上のパフォーマンスを引き出せるペア。ある種の「憧れ」も感じてしまう。

来年のIFCSの代表を決めるための選考会は、昨年1月~今年6月までの競技会成績の積算ポイント上位のペアしかエントリーできない。
シュンクンは今年の3月に3度昇格したばかりなので、昨年のポイントは まったくない。今年1~4月の積算では 20位。
5~6月に開催される競技会で、どこまでポイントを加算できるか・・・
関東では5月中に1日だけしか競技が開催されないため、地方の競技会に出向いてポイントを稼がざるを得ないのだ。


1回目の地方競技会として、先週末は岐阜へ。
もう 最近は 運転する距離感覚がずいぶんとおかしくなってきたように思う。愛知に近いあたりだったので、自宅から400キロ弱。

芝がきれいで広々とした会場。
グリップがいいためか、練習時よりもシュンクンの速度は速かった。

犬も、人も、スキルの足りない状態での出陳だけれど、今 シュンクンが出来ることを一生懸命に応えようと頑張ってくれたことは よく分かった。

IFCS JP 1席
IFCS AG 1席
JP3 失格
AG3   3席

IMG_4360_convert_20140512184832.jpg

微妙な成績。
単純に席次に対してポイントが付くわけではなく、種目ごとの出陳頭数によってポイントが計算されるため 自分で計算するのは面倒・・・

まぁ、とにかく今後も出続けるしかないか。
シュンクン、ガンバローね。

スポンサーサイト
2014.05.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://himekiramama.blog.fc2.com/tb.php/173-a7510a24