昨年末、ヒメちゃんが突然 自立できなくなくなったことで、ヒメちゃんへの接し方を変える必要が出てきました。

我が家の犬達は、家内をフリーで過ごしています。クレートは常設されていますが、基本的には食事時(犬の)しか 入ることを要求されません。これは 食べるものをめぐっての犬同士の争いを避けるためです。
トイレが設置してある部屋へは、犬達が自発的に出入りします。寝る時は、犬も猫も私のベッドで一緒に寝ています。
昨春からは、加齢に伴って括約筋が緩むようになったため 尿意を催して立ち上がろうとした瞬間に排尿してしまうようになりました。それでオムツを使うようになりましたが、傍についていてあげられる時は 時間を見計らってトイレに促していました。

しかし、自立できないということは、排泄時は常に介助が必要、ということになります。
また、寝ていても寝返りをうつことができないため、時間を見計らって体位を変えてあげる必要も出てきました。
日によっては歩行できる日もありますが、1度倒れてしまうと起き上がれないため 脚先に擦過傷ができるまでジタバタしたままです。


いろいろと介護グッズを買い込みました。洗い替えも考えて購入したところ、諭吉さんが数十枚飛んでった~。

まず、「床擦れ」を防ぐために、ということで購入した「床擦れ防止マット」。
通気性がよく、クッション性が高いことで「床擦れ」を防ぐ、ということなのだけれど・・・
ヒメちゃん 高価なこのマットを嫌ってます。
おそらく 「通気性」が良いために「寒い」のだと思われます。(笑)
IMG_4331_convert_20140121215056.jpg

フリース素材で包んだりすると、イヤイヤしないので。
でも、気密性を上げる布でくるむのであれば、わざわざお高いマットを購入する必要はないと思われます。
まぁ、もちろん気温の高い時期には効果を発揮するのでしょうけど、寒い時期はリーズナブルなマットでも◎。
これは、激安子供服専門店の西○屋で購入したマット。介護用マットの1/10以下の価格で購入。ヒメちゃんはこちらの方が お気に召したようです。
IMG_4332_convert_20140121215146.jpg


次に、歩行サポート用のハーネス。
IMG_4333_convert_20140121215210.jpg

これは優れものでした。寝返りサポートにも有効、とのこと。
ヒメちゃんはまだ完全に歩けないわけではないので、サポートしながらでも歩く機会は保証し続けたいのです。
介護用マットで作られているためクッション性もあり、その点は評価できるのですが、素材そのものが固いのが難でしょうか。下に服を着せていないと、身体に当たる端の部分が痛そうです。

写真右のパット。
これは 床ずれが出来やすい部位にあてがうもので、痩せて骨が飛び出ている部位にあてがいます。これは本当にスグレモノでした。
NEC_0068_convert_20140121222629.jpg

部屋が暖まるまでは、脚先が冷たいので 靴下も購入。
新生児用(5~7Cm)が前肢にちょうどよいサイズ。後肢用には18~20cmくらいの子供用靴下。
赤ちゃん用のレッグウォーマーも重宝しています。
IMG_4335_convert_20140121215240.jpg

そして今や、我が家にとっては最も欠かせないグッズとなった 点滴キット。
IMG_4337_convert_20140121215317.jpg

水を自力で飲める間は極力用いたくない、と思っていましたが、点滴をした日は明らかにヒメちゃんの状態がよいのです。また、大量の水を飲みたがるので、胃酸が薄まってしまい 食べた物の消化がスムースでない現実もあります。食事内容の嗜好性が高まったこともあり、食事による栄養管理が完全にできない、ということもあります。
毎日1回、500mlを午前中に輸液することが日課になりました。

一時は このまま旅立ってしまうかも・・・、くらいに思うような状態のヒメちゃんでしたが、このところは食欲もあり、歩行出来る日もあって 徐々に安定してきました。
このまま、夏まで頑張りたいね~。

スポンサーサイト
2014.01.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://himekiramama.blog.fc2.com/tb.php/159-c5c948c3