1ヶ月ぶりのアジ競技会。
埼玉はやはり寒い。8時になっても、地面に敷かれたシートが凍りついたまま。
シュンクンのエントリーしている種目は午前10時前後の予定で、寒過ぎないのは良かったけれど グラウンドがぬかるんで滑る~。


シュンクンと自分にとって、今年の課題は「自制心」。もちろん難しい課題なので、数年単位で取り組むつもりだけれど、特にこの2ヶ月間は 環境馴致などを含めて意図的に取り組んできたつもり。環境が変わるぶん、シュンクンに要求することはシンプルに。
だけど、やっぱり競技会場の雰囲気は まだまだシュンにはハードルが高いらしい。

スタートラインにつき 首輪を外された瞬間に、脚側位置を勝手に解除。
「ヒール」のコマンドには即座に反応できるものの、リードアウトのために私が離れると また前傾姿勢になってしまう。一見、意欲に見えるこの行動を、私は「犬の勝手な暴走の始まり」と考えている。
アジリティは、犬の興奮を誘発しやすい動きの連続だ。
ハンドラーの身体能力が高かったり、ハンドリングのスキルが高い場合は、こうした精神状態の犬でも上手くコントロールできるのであろうけれど、私には無理。
練習時には キレイな脚側位置のまま「OK、ジャンプ」のコマンドがかかるまで待機できるのだけどなぁ。
先の道のりは遠い・・・

走り始めたら、スタート位置での待機時よりも 少し冷静になったような印象。
バーノックになるような危なっかしい跳び方もせず、偉かった。

AG1 CR 1席/5頭中



これで一応、2度昇格。
でも しばらくは競技会にエントリーするのは控える予定。
3月か4月くらいに 競技復帰できるといいな・・・

スポンサーサイト
2013.12.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://himekiramama.blog.fc2.com/tb.php/154-08ac0e7e