上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
6月3日、Woofの林ランにてチーとバッティングしたシュンクン。左前足をぶらんとさせたまま、3本脚での移動。損傷部位は不明で、肩~足先まで熱感なし。
帰宅して、負傷から7時間後にホメオパシーレメディを連続投与。
状態に変化なし。

6月4日、山手のかかりつけ医受診。
念のため、レントゲン撮影。骨にヒビなどなし。
熱感がないため、患部の特定ができず。担当医のU先生は「ボーダーコリーに多くある、上腕3頭筋の腱の炎症の可能性が高い。1週間~10日程は安静に過ごして」との所見。
MRIで撮影することが患部特定に有効、とのこと。

しかし、シュンクンに麻酔は極力避けたい意向だ。MRIやCTの撮影には全身麻酔が前提となる。
2015年にCT撮影のために全身麻酔。
2016年 1月にバイオプシー手術のために全身麻酔。
     7月に皮膚再生手術のために全身麻酔。
     8月の再度、皮膚再生手術のために全身麻酔。
度重なる全身麻酔の影響で、2016年7月の麻酔の際にはアナフィラキシー症状が発現。8月手術の際には違う種類の麻酔を使用してもらったためアナフィラキシーは出なかったが、完全に覚醒するのに半日以上もかかった。
ホメオパシー的な考え方では、麻酔が肝臓から排斥され始めるのに半年は要する。我が家では、通年、肝臓のケアサポートを怠らないが、それでもこうした症状が発現してしまう。(もちろん個体差はあると思われます)

当面は、家内の移動もすべて抱っこ。外出時はカートでの移動で安静を心がけて様子を見ることに。

6月8日、ホメオパスによるセッション
QXソフトを用いたカウンセリングで、シュンクンの気質なども見事に言い当てていく。
「痛み」があること、膵臓の炎症、肝臓の疲弊(特に麻酔によるもの)などを指摘される。
外用1種、内服用4種のレメディ。7日~10日服用して様子を観察。

慎重に「伸び」をできる時も出てきた。

6月13日、山手のかかりつけ医受診
アクシデント日から10日が経過。受診したが、担当医はお休み。別の医師による触診。
「左肘の腱がない。犬の様子から、今回のアクシデントが原因とは思われない。昨年の8か月にも及ぶ肘の炎症が原因の可能性。1月の手術時に腱に問題がなかったか、執刀医に確認する方が望ましい」とな。

確かに、肘上部の腱は左右差がかなりある。しかし、上腕3頭筋は委縮していず、ぶらぶらもしていない。念のため、岡谷の病院へ。

動きがない時には四肢で立てる瞬間もあるように。

6月14日、長野県岡谷の執刀医を受診
「昨年1月時に肘の腱が健常だったかどうか記憶にないが、特に目を引かなかったので問題なかったと思う(腱の存在について)。左右の腱で厚みや張りに顕著な違いはあるが、腱は確かに存在している。上腕3頭筋も小さいながらも(右腕に比べて)機能しており、腱が断裂しているとは考えられない。」
「熱感はないが、外側から触れない深い部分の損傷の可能性はある。患部特定のためにはCT撮影が理想的。アナフィラキシーのことを考慮すると積極的に薦められないので、鎮痛剤を投与して様子を観察することを薦める」
鎮痛剤で脚の使い方に変化が出る場合は、今の症状は「痛み」だけが原因であることが特定できる。
足の使い方に変化がない場合は、靭帯や腱・他筋肉の断裂など機能的な原因である可能性が高い。

3日分の鎮痛剤を処方される。

6月16日、家内での移動&プール
家内での移動は抱っこを止め、自力で少しずつ動くようにさせ始める。ずっと体を動かさないことが、馬尾神経症を悪化させる要因にもなってしまうことを考慮して。
この日、庭に簡易プールを設置。体重負荷がかからない水中での運動を10分ほど。

6月17日、プール

6月19日、プール

6月20日、プール2回&ホリスティック獣医受診
午前中と午後に10分ずつプールによる運動。泳いでいる際に、前に掻き出す前足の伸ばし方に顕著な違いがある。上腕を前に伸ばすことに躊躇いがあるような印象。

毎月受診しているホリスティック獣医。カイロがメインなので、通常のシュンクンの体を知ってくれている。
・上腕2頭筋と3頭筋の損傷。特に上腕3頭筋。左肘腱は脆弱で薄く、異物内包(触って異物を確認できる)。昨年のバイオプシー術で、左肘腱の組成が変質していることは判明している。
・他、肩~左胸部にかけて痛み+痛みのある部位をかばって動くため右腕・右背筋・右腰部の強張り。
・腱や靭帯の断裂は考えにくい。
・今月末まではハイドロ以外の運動は避ける。患部以外の場所の強張りを緩和するケアを保証する。
・「痛み」や「違和感」の記憶(トラウマ)が、足を使わないようにしていることも事実なので、痛みの緩和を意図して高いポーテンシーのホメオパシーの使用を薦める。


アクシデント直後3日は、ほとんど寝て過ごしていたシュンクン。
約20日経っても状態に大きな変化はありませんが、本人は明るく過ごせています。階段の上り下りなども四肢を使って出来るように。
チーのトレーニング中、自分もやりたくてギャーギャーアピール。今までと同じ状態に戻れるかどうかは不明ですが、今は休養期と思ってのんびりしようね。











スポンサーサイト
2017.06.21 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。