昨年5月に受講したロクサンヌさんのセミナーはとても充実した内容で、このセミナーを受講したことによる恩恵は多々ありました。
トレーニング全般に対する見方も大きく変わるきっかけの1つになったことも事実。
視覚による情報収集が優先されるボーダーコリーにとって、嗅覚を使った遠隔での作業となるGRTはレトリバー種とは違う課題があります。この点についてのアドバイスもいただけ、実際にフィールドでのGRT作業でも嗅覚を使えるようになってきたシュンクン。
生後半年からノーズワークを取り入れ始めたチーは、1歳前後から驚異的な情緒面での成長を見せています(あくまでも飼い主目線での評価です)。このことにもノーズワークは大きな影響因子の1つと考えています。

そのロクサンヌさんが再来日する、と聞き、今回はシュンクン連れでの受講。
「基礎中の基礎」がいかなるトレーニングにおいても大事なことは、よ~く分かっているつもり。
だけど、ロクサンヌさんのトレーニングの構築の仕方を聞くにつけ、私の理解は「つもり」でしかないことを思い知らされます。

犬にとって「快」オンリーのトレーニングであることが最も重要で、ストレスもフラストレーションも絶対になく、成功にたどり着ける環境設定と課題設定にどれだけ配慮できるか。
こうした配慮の中で構築された「意欲」と「自信」は揺るがないものとなります。

綺羅りん、シュンクン、と2頭続けて犬をつぶしてしまった私には、ロクサンヌさんのセミナー内容は「身に染みて」よく理解できます。


昨年と大きく変わらないセミナー内容だっただけに、より深く理解できたように感じることができました。
シュンクンとのセッションでは、今まで気づきもしなかったことを指摘していただき、観察しているつもりで出来ていなかったことにも気付け、本当に参加してよかったと思えた2日間でした~。

ノーズワークは、一見すると「オヤツ探し」にしか見えないかもしれません。
けれども、行動学に裏打ちされた素晴らしい作業です。スキルアップと共に得られるものは、単に嗅覚作業のステップアップだけではなく、情緒面・精神面での安定やON/OFFの切り替え、自制心の向上、など多岐にわたります。
正しい理解と共に、ノーズワークが浸透していくのは嬉しいことです。



スポンサーサイト
2017.02.18 / Top↑