上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
GRT
シュンクンにとって一生の課題である「平静を保つ」こと。

意欲過多で気持ちが先行し過ぎて空回りしてしまったり、環境や状況の変化を受け入れるのに時間が非常にかかったり・・・
ハンドラーの心情や、周りにいる犬たちの興奮やストレスなどをダイレクトに感じ取って影響されてしまったり。
吠えたり、噛んだり、というような望ましくない行動で感情表現をしないので見過ごされがちだけど、外部刺激への反応性は非常に高くストレスを感じやすい子です。
競技の場において本来の実力を発揮しきれないのはもちろんだけど、「ストレスを感じやすい=免疫が下がる」ということなので健康問題にも繋がります。


GRTはゲームの中で、ダミーを探し出すこと&ダミーをデリバリーすること、がメインの作業です。
シュンクンにとってはどちらの作業も楽しいもの。ただし、広い視野の自然の中でダミーを探すために走り出すことは、犬の本能を触発させることでもあるため興奮しやすく、本来の作業が疎かになりやすいのも事実。シュンクンの場合は、目見当をつけた場所に行ってもダミーを発見できない場合に、プチパニックが始まります。こうなると、遠隔での指示に明確に反応しなくなり、勝手な捜索が始まりがち。
ブッシュの多い自然の中での作業では、目見当の場所にダミーがないことも多いのは当然。送り出される前の精神状態が「平静」でいることは、回収を成功させるためには非常に大事なポイント。

競技会でも、待機場所からスタート位置に向かうまでの10mの脚側は撃沈
気持ちが先走って、酷いときには1頭身ほど先行してしまうほど。
日常の練習では、モチベーターとなるオヤツや玩具をたくさん置いた中での脚側練習は必須。でも、すぐにこの状況設定には慣れてしまうため、1人練習には限界が。

で、chickクラスのレッスンに参加。
総8ペアで、一直線に並んだまま、順次、ダミーの回収を行います。他のペアの回収作業中は、ずっと脚側位置で停座 or 伏臥を保つ必要があります。シュンクンにとってはかなり辛い練習。

DSC_1614_convert_20170124105736.jpg

Tタッチ用具のサンダーシャツ、ボディラップ、ヘッドラップも装着してみたけれど・・・
ジリジリと前にいざり出てるし~
静止できているときに褒め、動いた瞬間に指摘し・・・
とにかく、こうした経験を重ねてシュンクン自身が納得・体得するしかないもんね。

DSC_1573_convert_20170124110057.jpg

午前3時間、午後2時間の総5時間のレッスン。
午後はかなり落ち着けてきて、光が少し見えたような気も・・・
DSC_1618_convert_20170124111108.jpg
と、は言いつつも、ハンドラーよりも前に出過ぎて伏せてるし・・・(溜息)

前途多難かも~
でも、取り組んでいくしかないよね。



スポンサーサイト
2017.01.24 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。