週末、ワフで開催されたアウラさん主催のファンマッチに参加してきました。

チーたんとの演技についてはこんな感じ
シュンクンは、3頭でのユニットでのエントリーと、MFシングルでのエントリー。

ユニットは、ウィジー大会・浜名湖に次ぐ3回目の演技。
浜名湖では、ステージ上で犬同士のアクシデントが発生してしまったにもかかわらず、それ以降 1回も合わせ練習をしていない(爆)アリサマなので、ユル~イ気持ちのままリンクイン。3頭での演技としては、練習を重ねたウィジー大会が一番よいパフォーマンスだったように思うけれど、シュンクン的には今回が一番落ち着いて演技が出来たように思います。
Dちゃん、Bちゃん、ありがとう~

P1130962+(1)_convert_20160520213627.jpg

シュンクンのMFは、今回が最後の演技となる「It don't mean a thing」。
5月に入って、身体のQOLがぐんと良くなった、とは言え 通しでの練習ができるハズもなく、また する気持ちにもならないまま。
おまけに、前日の朝散歩の際に、後肢の爪を縦方向に1cmも亀裂させてしまうアクシデント。獣医には、「過剰に走ったりしなければ、参加してもいい」とは言われたものの・・・
アロンアルファで裂開部を接着させているような状態だったのでした。

体調も万全でなく、練習も満足にしていないのに、理不尽なエントリー。シュンクンはきっと演技中に吠えるであろうし、戸惑うかも。
まぁでも、それもヨシ。
吠えるのはもっともなことだし、上手くできないのも当たり前。
これが最後の演技になるから、お母さんの我儘に付き合ってね。 ってな気持ちで。

少し鼻鳴きがあったけれど、吠えることなく演技を終えたシュンクン。
ありがたくて、愛おしくて、可愛くて・・・

この曲のピークは、昨秋でした。
年末から肢のトラブル続きで、ほとんど練習をできなくなってしまったため、それ以上まで引き上げることができなかった曲になっちゃった。でも、最後だから、アップしま~す。


スポンサーサイト
2016.05.20 / Top↑