上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
シュンクンの切開創に 湿潤療法を用い始めて1週間。
患部に薄いフィルムを張り付けて、身体から出る血漿液を閉じ込めて 血漿液内のタンパク成分を使って創口を生着させる、という方法のため、左肘から かなり傷口特有の臭いがします。人間の嗅覚でも分かるくらいですから、犬にとっては かなり気になる様子・・・

シュンクンも、それまでとは比較にならないほど気にして舐めようとする行為が・・・
テーピングを舐め崩されてしまったら、元も子もなくなってしまうので・・・

市販の「エリザベスドーナツ」なるものを購入。
浮輪のように空気を挿入して膨らませるもので、「C字」型の形状です。マジックベルトで位置を調整するタイプ。
しか~し、シュンクンにはちょっと(本当に少しだけ)大きかったせいか、カラーの端っこを壁やソファなどに押し付けて 自分の身体を後退させれば 「カラー抜け」できることを早くも悟った模様(爆)

仕方ないので、プラスティック製の一般的なエリカラをクリニックで譲ってもらうことに。
だけで、このカラーのストレスフルなこと。
傍にいられる時は外すとしても、就寝時など 可哀想なこと この上ない。一番 不憫なのは、身体を温めようとコタツに潜り込む時で、このエリカラが コタツ上部やら コタツの足やらにぶつかって、頭部をコントロールされてしまうほど。
コタツの中ではエリカラを取り、常にシュンクンの頭部が飼い主の足間にあって コタツの外に出ている姿勢を強制することに。


で、今日、古くからの友人に製作を依頼してたエリカラが 届いた~
綿がふんだんに使われているのに 重くない。
階段の上り下りにも 足の動きを邪魔せず、不快なショックもなし。
飼い主も気に入ったけれど、シュンクンも気にいってくれたよう。

DSC00628_convert_20160124132049.jpg

DSC00630_convert_20160124132241.jpg

DSC00635_convert_20160124132408.jpg
コタツの中でも、問題な~し!
シュンクンも気持ち良さそう~

どうもありがとう~、Yさん


スポンサーサイト
2016.01.24 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。