6月22日、平塚で開催されたアジ競技会に参加してきました。

キラチームにとっては、今大会をもってJKCアジ競技を引退することを決めていました。
小粒な体格のキラに65㎝のバーを跳ばせること自体、抵抗を感じていたことも事実でした。それでもテクニカルなコースを攻略することは楽しかったし、キラ自身も負担であるような質のジャンプをしていなかったこともあり、OPDESでも65㎝クラスにエントリーしてきました。3ヶ月ほど前から、ジャンプ直前に躊躇するような時があることに気付き、「跳ぶことが負担なのかな」と思いました。55㎝バーを跳ばせると、その疑念は確信に。

月初の本部ではWクリーンできたので、今回もWクリーンで「有終の美」として終えたいところ、でしたが・・・

IMG_4112_convert_20130623172605.jpg

JPはクリーンできて10席/100頭中、AGは1ミスで13席/100頭中。これが JKCアジの集大成結果でした。

前日まで雨続きで、グラウンドコンディションが悪いことや雨の中での競技を懸念していたけれど、一転 晴れて暑い1日でした。3度競技は昼前から始まり、暑さもピーク。

JP3
U人先生設計らしいテクニカルなレイアウトのコース。ワーキング系の俊足犬達が続々と失格。本部の時ほどタイム設定は厳しくはなかったけれど、とにかく犬のスキルとハンドラ-の早い指示と速さを求められるコースでした。
映像でキラの走行を何度見ても、やはりジャンプ前が辛そう。でも 一生懸命に応えようと反応してくれていることも分かります。
ハンドラ-、すべてのポイントで動き出しの見切りが遅い。キラに救われて クリーンラン。
10席のおまけ付き。



AG3
前半は、スラロームの入角度が難しいところ、後半はDW後の連続した270°がポイントのコース。
キラは JPの時よりも楽しそうに生き生きと走行していました。DW下りでノータッチの手が上がってしまったけれど、走りながらワクワクするような感があり 母は十分に満足。これがJKCでのラストランでした。





秋以降の競技会は、OPDESのみにエントリーすることに。
とにかく、私もキラも 一緒にアジることが楽しいので、競技の一線から遠のいても細く長く楽しみたいと思っています。OPDESのコースはOPDESらしい特徴があり、それを攻略することもまた楽しい。
楽しんで一緒に出来ること、まだまだたくさんあって今後も楽しみだね、キラりん。


スポンサーサイト
2013.06.23 / Top↑