10月15日(土)は、富士ハーネスで開催された多和田氏の愛犬セミナーに、チーたん シュンクンと参加しました。
今年の3月に舞浜のシェラトンホテルで開催された多和田氏のセミナーの第2弾!
どんな刺激があるのか、ワクワクでした。


富士ハーネスといえば、あの新興宗教のサティアンがあったところ。跡地に、盲導犬のための専門施設に。
多和田氏は、日本盲導犬協会の理事でもあり、国際盲導犬協会のアセッサ―(査定者)でもある方。そんな方からどんな話が聞けるのか、3月セミナー受講時はワクワクしていました。
2時間ほどのお話のなかでとても印象に残ったのは、「トレーニングを目的に、犬と取引はしない」という言葉。
つまり、もちろん嫌悪刺激は用いないけれど、報酬としてオヤツなども用いない、ということ。
受講者のなかには訓練士もいたため、仔犬期においてアイコンタクトを教える際にもオヤツを用いないのか、などの突っ込んだ質問もあったけれど、
「取引は一切しない。つまり、用いません。」と。
多和田氏曰く、「要するに、何かを教えようとしたり、伝えようとする時にオヤツを用いるということは、教えることを急ぐから。学習させる必要があることを、丁寧に時間をかけて伝える努力を人間がするならオヤツのような取引材料はいらない。」とキッパリ。

そうなんだよね。
アレも教えたい、コレも分からせたい、と人間側の都合で多くのことを教え急ぐから、オヤツやボールを使って「取引」になるのだ。
犬に伝わるように丁寧に向き合うべきなのに、浅い理解の犬にダンスなんぞを要求してきた自分に嫌悪感を持ったし、愛犬達にも申し訳ない気持ちになった。
そ~んな自分の心境もあったし、シュンクンの腕の治癒期だったこともあり、の~んびりと過ごした8か月間だった。

DSC01588_convert_20161108224807.jpg


で、富士ハーネスでのセミナーはどうだったか、と言うと、やはり意義深い内容で自分なりに得るものがありました。
多和田氏の意向がどうだったかは不明だけれど、「愛犬」セミナー、またまた愛犬との向き合い方に反省

1日を通して一番印象に残った多和田氏の言葉は、
「‘犬と暮らす’ということは、犬の忍耐によって成立している」

確かに。
果たして、私の犬は犬らしく生活できているのだろうか。
ものすごく考えさせられる言葉でした。
犬が 犬らしく生活できていないのなら、まさしく犬に我慢を強いていることに他ならない。これは野生の山犬のような生活、を意味しているわけではないですよ。
走ることも、吠えることも、モノを噛むことも、犬同士で遊びたがることも、犬なら当たり前のこと。
ますます、ドッグスポーツから気持ちが引いていくわ~。

ドッグスポーツをするために犬と暮らしているわけではない自分。
「犬と暮らす」ということが一番の目的で、一番大事なこと。
もちろん、ドッグスポーツを否定していません。目標をもって、愛犬と共に取り組むことで関係性を深めることも事実。
だけど、いつの間にかドッグスポーツそのものに取り込まれていく自分がいたことも事実。
犬の、精神にも肉体にもかかる負担について2の次、3の次になっていたよね・・・
犬のことよりも、所属クラブの雰囲気だったり、競技やイベントのスケジュールが優先されていなかったかしら・・・
ポイントや昇格を考えてエントリーしたこともあったっけ・・・
激しく反省・・・

DSC01613_convert_20161108225058.jpg
シュンク~ン 可愛いお顔が見えませんよ~。
チーたん、ちょっと変なお顔(笑)


午後は、本村先生による「体調不良時の手作り食」セミナー。
キレイなオープンキッチンでのデモ。下痢や軟便の時のための食事作りは、とっても参考になりました。

DSC01608_convert_20161108225517.jpg
下痢、軟便の時の手作り食


スポンサーサイト
2016.11.08 / Top↑
お友達のFB投稿記事に刺激されて、水遊びへGO!
ヒメちゃん時代からのお友達G家を誘って、初めての四尾連湖へ。G家は、我が家の歴代の犬たち全頭のことを知っている10年以上のお付き合い。
特に、イエローラブの綺羅りんとG家のGちゃんは大の仲良し。
1つのボールを一緒に噛むこと自体が、嬉しくって仕方ないくらいだったなぁ。
imgd0497287zik6zj.jpg
3歳頃の綺羅りん


年初からの腕の傷のために、今夏はキャンプもなし、水遊びも8月下旬から、だったシュンクン。
やっと夏らしい遊び。

シュンクンは、GちゃんともKちゃんとも遊ばず、ひたすら母が投げるダミーを飽きずに熱心に回収。
スロワー兼ハンドラーの母なので、水遊びの写真はありませ~ん。

S__5636104_convert_20160922171456.jpg

DSC01506_convert_20160922171639.jpg
2016.09.22 / Top↑
エリカラ着けても、左脚の肘下を舐め続けてしまうシュンクンに ブチ切れた飼い主
怒られたその日は、2度と舐めようとしなかったけれど・・・


エリカラ着けるよりも、長袖の服を着せる方が有効か?
と 考えて、
服を着せたところ、
舐めない。

うん、これはいいね。
服&エリカラなら 万全か。

全然、舐めようとしなくなったので エリカラ着けさせているのが可哀想な気になってしまった飼い主。
服だけで過ごさせてみたら、問題なし。
少しでもストレスを少なく過ごさせてあげられる方が、飼い主だって嬉しい。

で、エリカラなし 袖服だけで過ごさせ始めて4日。
んにゃろめっ!
せっかくの服が こんなことに・・・

DSC00731_convert_20160208225427.jpg

Iさ~ん、直してください。
お願いします。


2016.02.08 / Top↑
シュンクンの切開創に 湿潤療法を用い始めて1週間。
患部に薄いフィルムを張り付けて、身体から出る血漿液を閉じ込めて 血漿液内のタンパク成分を使って創口を生着させる、という方法のため、左肘から かなり傷口特有の臭いがします。人間の嗅覚でも分かるくらいですから、犬にとっては かなり気になる様子・・・

シュンクンも、それまでとは比較にならないほど気にして舐めようとする行為が・・・
テーピングを舐め崩されてしまったら、元も子もなくなってしまうので・・・

市販の「エリザベスドーナツ」なるものを購入。
浮輪のように空気を挿入して膨らませるもので、「C字」型の形状です。マジックベルトで位置を調整するタイプ。
しか~し、シュンクンにはちょっと(本当に少しだけ)大きかったせいか、カラーの端っこを壁やソファなどに押し付けて 自分の身体を後退させれば 「カラー抜け」できることを早くも悟った模様(爆)

仕方ないので、プラスティック製の一般的なエリカラをクリニックで譲ってもらうことに。
だけで、このカラーのストレスフルなこと。
傍にいられる時は外すとしても、就寝時など 可哀想なこと この上ない。一番 不憫なのは、身体を温めようとコタツに潜り込む時で、このエリカラが コタツ上部やら コタツの足やらにぶつかって、頭部をコントロールされてしまうほど。
コタツの中ではエリカラを取り、常にシュンクンの頭部が飼い主の足間にあって コタツの外に出ている姿勢を強制することに。


で、今日、古くからの友人に製作を依頼してたエリカラが 届いた~
綿がふんだんに使われているのに 重くない。
階段の上り下りにも 足の動きを邪魔せず、不快なショックもなし。
飼い主も気に入ったけれど、シュンクンも気にいってくれたよう。

DSC00628_convert_20160124132049.jpg

DSC00630_convert_20160124132241.jpg

DSC00635_convert_20160124132408.jpg
コタツの中でも、問題な~し!
シュンクンも気持ち良さそう~

どうもありがとう~、Yさん


2016.01.24 / Top↑
先週、仔犬のチーたんを迎えました。

チーたんの生活を通じて、手作り食の作り方や簡単なしつけについて記事にしていくつもりです。
仔犬を迎えることを検討されている方や、手作り食を考えてみたい、と考えている方の参考になれば嬉しいです。

チーたん日記
2016.01.19 / Top↑