6月3日、Woofの林ランにてチーとバッティングしたシュンクン。左前足をぶらんとさせたまま、3本脚での移動。損傷部位は不明で、肩~足先まで熱感なし。
帰宅して、負傷から7時間後にホメオパシーレメディを連続投与。
状態に変化なし。

6月4日、山手のかかりつけ医受診。
念のため、レントゲン撮影。骨にヒビなどなし。
熱感がないため、患部の特定ができず。担当医のU先生は「ボーダーコリーに多くある、上腕3頭筋の腱の炎症の可能性が高い。1週間~10日程は安静に過ごして」との所見。
MRIで撮影することが患部特定に有効、とのこと。

しかし、シュンクンに麻酔は極力避けたい意向だ。MRIやCTの撮影には全身麻酔が前提となる。
2015年にCT撮影のために全身麻酔。
2016年 1月にバイオプシー手術のために全身麻酔。
     7月に皮膚再生手術のために全身麻酔。
     8月の再度、皮膚再生手術のために全身麻酔。
度重なる全身麻酔の影響で、2016年7月の麻酔の際にはアナフィラキシー症状が発現。8月手術の際には違う種類の麻酔を使用してもらったためアナフィラキシーは出なかったが、完全に覚醒するのに半日以上もかかった。
ホメオパシー的な考え方では、麻酔が肝臓から排斥され始めるのに半年は要する。我が家では、通年、肝臓のケアサポートを怠らないが、それでもこうした症状が発現してしまう。(もちろん個体差はあると思われます)

当面は、家内の移動もすべて抱っこ。外出時はカートでの移動で安静を心がけて様子を見ることに。

6月8日、ホメオパスによるセッション
QXソフトを用いたカウンセリングで、シュンクンの気質なども見事に言い当てていく。
「痛み」があること、膵臓の炎症、肝臓の疲弊(特に麻酔によるもの)などを指摘される。
外用1種、内服用4種のレメディ。7日~10日服用して様子を観察。

慎重に「伸び」をできる時も出てきた。

6月13日、山手のかかりつけ医受診
アクシデント日から10日が経過。受診したが、担当医はお休み。別の医師による触診。
「左肘の腱がない。犬の様子から、今回のアクシデントが原因とは思われない。昨年の8か月にも及ぶ肘の炎症が原因の可能性。1月の手術時に腱に問題がなかったか、執刀医に確認する方が望ましい」とな。

確かに、肘上部の腱は左右差がかなりある。しかし、上腕3頭筋は委縮していず、ぶらぶらもしていない。念のため、岡谷の病院へ。

動きがない時には四肢で立てる瞬間もあるように。

6月14日、長野県岡谷の執刀医を受診
「昨年1月時に肘の腱が健常だったかどうか記憶にないが、特に目を引かなかったので問題なかったと思う(腱の存在について)。左右の腱で厚みや張りに顕著な違いはあるが、腱は確かに存在している。上腕3頭筋も小さいながらも(右腕に比べて)機能しており、腱が断裂しているとは考えられない。」
「熱感はないが、外側から触れない深い部分の損傷の可能性はある。患部特定のためにはCT撮影が理想的。アナフィラキシーのことを考慮すると積極的に薦められないので、鎮痛剤を投与して様子を観察することを薦める」
鎮痛剤で脚の使い方に変化が出る場合は、今の症状は「痛み」だけが原因であることが特定できる。
足の使い方に変化がない場合は、靭帯や腱・他筋肉の断裂など機能的な原因である可能性が高い。

3日分の鎮痛剤を処方される。

6月16日、家内での移動&プール
家内での移動は抱っこを止め、自力で少しずつ動くようにさせ始める。ずっと体を動かさないことが、馬尾神経症を悪化させる要因にもなってしまうことを考慮して。
この日、庭に簡易プールを設置。体重負荷がかからない水中での運動を10分ほど。

6月17日、プール

6月19日、プール

6月20日、プール2回&ホリスティック獣医受診
午前中と午後に10分ずつプールによる運動。泳いでいる際に、前に掻き出す前足の伸ばし方に顕著な違いがある。上腕を前に伸ばすことに躊躇いがあるような印象。

毎月受診しているホリスティック獣医。カイロがメインなので、通常のシュンクンの体を知ってくれている。
・上腕2頭筋と3頭筋の損傷。特に上腕3頭筋。左肘腱は脆弱で薄く、異物内包(触って異物を確認できる)。昨年のバイオプシー術で、左肘腱の組成が変質していることは判明している。
・他、肩~左胸部にかけて痛み+痛みのある部位をかばって動くため右腕・右背筋・右腰部の強張り。
・腱や靭帯の断裂は考えにくい。
・今月末まではハイドロ以外の運動は避ける。患部以外の場所の強張りを緩和するケアを保証する。
・「痛み」や「違和感」の記憶(トラウマ)が、足を使わないようにしていることも事実なので、痛みの緩和を意図して高いポーテンシーのホメオパシーの使用を薦める。


アクシデント直後3日は、ほとんど寝て過ごしていたシュンクン。
約20日経っても状態に大きな変化はありませんが、本人は明るく過ごせています。階段の上り下りなども四肢を使って出来るように。
チーのトレーニング中、自分もやりたくてギャーギャーアピール。今までと同じ状態に戻れるかどうかは不明ですが、今は休養期と思ってのんびりしようね。











スポンサーサイト
2017.06.21 / Top↑
5月18日(木)から21日(日)まで山中湖woofで開催されたDog Dance JAPANさんのイベントにフル参加してきました。講師&ジャッジは、ロシアのトップフリースタイラーのイリーナさん。彼女のヒールワークのパフォーマンスは、格段に正確で美しいのです。HTMのワークショップに、期待が高まりました。

18日はHTMのワークショップ、19日はトレーニングショウ。20日はコンペ、21日はMFのワークショップ。我が家は、18日~20日はシュンクン、21日はチーたんでの参加申請。でしたが、21日の内容はチーには無理~、なことが途中で判明したので主催者に泣きつき、シュンクンでの参加に変更。

あまりにも充実し過ぎた4日間。
イリーナさんの真摯で熱心なご指導には、本当に頭が下がりました。午前9時半から始まるWSは、早いときで18時、最終日は20時過ぎるまで。その間、イリーナさんは座ることなく、限られた時間の中で最大限に伝えようとされていることがヒシヒシと伝わりました。

・犬の集中を高めるためのエクササイズ
・ポジションを教える前段階でのエクササイズ
・曲を作りあげるためのプロセス
・落ち着きのない犬にカームダウンをどう教えるか

イリーナさんは完全陽性強化なので、その手法はとても参考になります。

我が家の犬達が、4日間をどう過ごしたか、と言えば・・・
シュンクンは初日のワークショップでノックアウト(ほとんど犬は待機のみだったのに)。
その日の夜中から下痢が始まり、4日間でクレート内で排泄してしまうほどの水様便。何回、クレートやらマットやらを洗ったことか。結局、1時間半~2時間おきの水様便を繰り返したシュンクン。woofの体育館に居ること自体が大きなストレスになってしまっているようです。
おそらく2年前にDDJPのコンペに出たときのことがトラウマになっているのだろうなぁ、ゴメンね。

チーたんは、もちろんシュンクンのようなネガティブ反応はゼロ。今までも これからも、チーに理不尽なことを求めたこともないし、今後も求めないからね~。いつも通りの食欲で、快便・快眠でお過ごしになりました~。

イリーナさんのWSで印象に残ったことは、トレーニングの構築の仕方についてはもちろんですが、通常生活における犬の運動保証量と頻度、それとトレーニング量について。
犬種や個体差は当然あるでしょうが、私が考えているQOLの保証の仕方に非常に近いものがありました。

シュンクンへのアドバイスとしては、各ポジションの正確無比な位置の刷り込み直しとポジションに居る時の鼻の位置&視点の位置を正確に教えること。脚側停座から1歩の歩きだしの際に、視点が瞬間、頭が下がって進行方向を見ようとする犬の行動の修正法、など。
ポジションの刷り込み直し、というと気の遠くなるような作業の印象ですが、教わった通りに1回10分程度の練習を1日2回。
トレーニングに取り入れてまだ1日目で、既にちょっといい感触です。スゴイですね。
ご自身の犬を同時に3頭作りこみ、指導する生徒さんの数・犬種も多岐に渡るスキルに裏打ちされたアドバイスは、多くを語らずともシュンクンペアの問題点を見抜いていたのでしょう。

何よりも素晴らしいと感じたのは、どのペアに対しても否定的な視点でアドバイスを行っていなかったこと。コンペにおけるジャッジングも、公正でセオリーに基づいた分かりやすいものでした。
是非、再来日していただきたいな~

コンペにエントリーした「Nowadays」については、とてもいいルーティン構成なので脚側精度を高めてさらに良い作品にするように、と評価していただきました。
嬉しい~。
この曲の構成や振り付けを考えるのに1年近くを要したもの。

コンペのパフォーマンスについては、60%くらいの出来でした。評価点数も低く・・・
まず、スタート位置についてから私がシュンクンの身体を撫でたことで大きく減点(日本のコンペでは減点動作ではない)。このことは翌日のWS中に判明(汗)
曲冒頭の左脚側の精度で、シュンクンの心理状態やその後のポジション精度が判るのですが、最悪でした。犬の頭1つ分ほど前に出た状態。視点が上がり切らず、シュンクンとのコミュニケーションが今一つ。
それでも彼が、その時にできる最大限の努力をしてくれていることは伝わってきたし、その気持ちがありがたかった。伸びをすると粘膜便が出そうな体調で、懸命に応えようとしてくれたシュンクン。
これ以上に、この時に彼に望むことなどあるハズもなく・・・

表現と正確さ 5.5/10 (犬に触れた減点があったと思われます)
難易度    6.5/10
音楽と演出  8.2/10
           総計 20.2  Intermediate class 2nd place


帰宅後2日経ってもシュンクンは、ほとんど寝て過ごしています。よっぽど疲れたのだろうな。
来月には6歳になるシュンクン。
いつまでも無理のきく若さではなくなってきているんだね。






2017.05.24 / Top↑
[
2017.03.25 / Top↑
我が家の3頭がメンテナンスでお世話になっている犬護舎さんのハヤテ君が行方不明です。
1歳5カ月のボーダーコリーです。4月1日に埼玉県鴻巣市の自宅庭から失踪しました。

ハヤテ君の写真です。
20120402082232b78.jpg
20120402082233de6_convert_20120405160302.jpg
いつもこんな感じに口を開けていることが多いです。
201204020822345e6_convert_20120405160728.jpg


行方不明になって既に5日目になりました。ブログやH.Pなどの発信媒体をお持ちの方に、拡散をお願いします。
2012.04.05 / Top↑