昨秋11月に続き、21日~24日の4日間、那須野ヶ原ファームで開催された「馬のためのTタッチ」ワークショップに参加してきました。
今回は、チーたん・シュンクンはもちろん、もみじとカエデも同行しました。日中のほとんどの時間は車中で過ごしますが、夜中はお宿で運動会したりして猫たちもそれなりに楽しんでいたようです。

今回も、多くの学びと気付き、出会いと再会の連続。
馬へのワークセッションを通して、自分の犬たちに必要なこと・試してみたいこと、などもたくさん感じることができました。

IMG_20170324_141641_convert_20170325101152.jpg
ボディラップにより、前半身と後半身の繋がりを意識することで、歩き出しの姿勢や、後脚の歩幅などに大きな変化が確認できました。


IMG_20170322_154321_convert_20170325101053.jpg
ネックラップ  刺激への反応性の高い馬、トラウマを抱えている馬は首が高く上がりやすくなってバランスを崩しがちです。首にラッピングすることで、頭部が下がり冷静に考えることがスムースになります。


IMG_20170324_163118_convert_20170325100828.jpg


IMG_20170322_090949_convert_20170325100945.jpg
ファームは丘の上にあるため強風。シュンクンのお耳、立ち耳になってます(笑)

デビ-先生や通訳の岡さんはもちろん、参加されていた方々から馬についての解説もたくさんいただき、ありがとうございました。
この場にいられたこと、そのこと自体にも感謝。
静かにワークを受け入れてくれた馬たちには、さらに さらに感謝です。
次回の馬のワークショップは、暑っい岐阜にて7月16日・17日に開催されます。1日だけでも行きたいなぁ。




スポンサーサイト
2017.03.25 / Top↑
[
2017.03.25 / Top↑
3月19日(日)は、埼玉県伊那市でダンスデモをさせていただきました。
伊那市主催の「こども☆夢☆未来 フェスティバル」のイベントの1つとしての出演依頼でした。

被災した動物も避難所で過ごせることもありますが、ケージの扉を子供が勝手に開けてしまい、脱走して事故に合ったり、行方が分からなくなってしまう犬猫もいるそうです。そうした残念な事故が起こらないように、「犬猫との共生を考えるきっかけになってほしい」ということが出演依頼の主旨でした。

出演時間・回数、などもこちらに任せてくださる、という依頼でしたので、1ステージは基本的な「シツケ」とトリックの紹介。1時間ほど休憩してからドッグダンス5組のデモ。
と、は言いつつも、基本的なシツケについては構成もすべて知人のIトレーナーに丸投げ

チーたんとダンスデモデビュー!
の予定でしたが、やっぱり無理~
ということで、基本のシツケのデモ。
「スワレ」「伏せ」「一緒に歩く」の3つだけ。
オヤツありありでしたが、チーたん 落ち着いてデモできました◎
20170319112854(1)_convert_20170320194014.jpg


チーたんのピンチヒッター、シュンクンとのダンスデモ。
ダンスにトラウマを抱えてしまったシュンクン。この半年間、丁寧に1つ1つのポジションの理解精度に留意してきました。練習時は、不安やストレスの表れの鼻鳴きが一切出なくなって2か月。今季のイベントから競技にも復帰予定。
このダンスデモは、今までの練習がシュンクンのメンタルを支えられるかどうか、の試金石になります。

リハーサルでは、スタート直後に鼻鳴き。
「ウソでしょ~」と、かなりガックリ。
でも、出演前までに10分ほど練習して、集中&自信復活に成功。
デモそのものは、おおむねよく出来ました。ムーブを変えたところ、理解の弱いポジションなどで焦ってしまっていた様子も見られたけれど、コマンドに的確に反応しようと質の良い集中を保てたことを実感できたのは事実。
シュンクン、トラウマを少し克服できたかな?
いつもシーズン初めが一番良く、イベントに出るごとに演技が荒れていく我が家。キチンと修正して、もっと自信をもって演技できるようにしていきたい。
20170319130812(3)_convert_20170320194058.jpg
この衣装を着る無謀さについてのクレームは受け付けません

シュンクン自身が、人前でのダンスにも関わらず楽しんでいる瞬間を感じ取れて、とても嬉しかったし、楽しかった1日でした。
出演依頼をくださったUさん、事前の調整などを含め 本当にありがとうございました。

今回のデモが、自宅で飼っているワンちゃんに一歩踏み込んでみよう、と思っていただけるキッカケになればとても嬉しいです。



2017.03.20 / Top↑
昨年5月に受講したロクサンヌさんのセミナーはとても充実した内容で、このセミナーを受講したことによる恩恵は多々ありました。
トレーニング全般に対する見方も大きく変わるきっかけの1つになったことも事実。
視覚による情報収集が優先されるボーダーコリーにとって、嗅覚を使った遠隔での作業となるGRTはレトリバー種とは違う課題があります。この点についてのアドバイスもいただけ、実際にフィールドでのGRT作業でも嗅覚を使えるようになってきたシュンクン。
生後半年からノーズワークを取り入れ始めたチーは、1歳前後から驚異的な情緒面での成長を見せています(あくまでも飼い主目線での評価です)。このことにもノーズワークは大きな影響因子の1つと考えています。

そのロクサンヌさんが再来日する、と聞き、今回はシュンクン連れでの受講。
「基礎中の基礎」がいかなるトレーニングにおいても大事なことは、よ~く分かっているつもり。
だけど、ロクサンヌさんのトレーニングの構築の仕方を聞くにつけ、私の理解は「つもり」でしかないことを思い知らされます。

犬にとって「快」オンリーのトレーニングであることが最も重要で、ストレスもフラストレーションも絶対になく、成功にたどり着ける環境設定と課題設定にどれだけ配慮できるか。
こうした配慮の中で構築された「意欲」と「自信」は揺るがないものとなります。

綺羅りん、シュンクン、と2頭続けて犬をつぶしてしまった私には、ロクサンヌさんのセミナー内容は「身に染みて」よく理解できます。


昨年と大きく変わらないセミナー内容だっただけに、より深く理解できたように感じることができました。
シュンクンとのセッションでは、今まで気づきもしなかったことを指摘していただき、観察しているつもりで出来ていなかったことにも気付け、本当に参加してよかったと思えた2日間でした~。

ノーズワークは、一見すると「オヤツ探し」にしか見えないかもしれません。
けれども、行動学に裏打ちされた素晴らしい作業です。スキルアップと共に得られるものは、単に嗅覚作業のステップアップだけではなく、情緒面・精神面での安定やON/OFFの切り替え、自制心の向上、など多岐にわたります。
正しい理解と共に、ノーズワークが浸透していくのは嬉しいことです。



2017.02.18 / Top↑
約3週間ぶりに野辺山へ
主要道路には雪は全くなく、しかし脇道に入った途端に凍結道路(笑)
今回もお世話になる滝沢牧場は、以前に来た時2回よりも雪が積もっていました。受付を済ませ、車を橇コースの方に移動させようとしたところスタック。積雪が柔らかいため、ハイエースの重さでタイヤが沈み込んでしまうのね。日中の陽気で雪が少しは溶けるだろう、と、車はそのまま放置(笑)

3週間の間に、横浜で自主練習をしました。
橇用のハーネスを装着させ、2頭で並んで前向きに立たせます。ハーネスには同じ長さのリードをそれぞれ付け、「GO!」のコマンド。
リードを引っ張るように前進できたら、犬の後方からおもちゃを投げてリードを手から放します。
今の段階では、犬の後ろにいるハンドラーに対してコミットせずに前進することが大事。
(あくまでも自己流の練習法です。この練習法が正しいかどうかはわかりません。)

橇を引いた状態で、練習してきたことができるかどうか。
犬達のハーネスに橇のロープを装着、ロープが犬の脚に絡まっていないことを確認してからハンドラーが橇の後方に立ちます。前回までは、この行程の間に犬達がハンドラーに寄ってきてしまったりして直前に行ったことが無駄になることを繰り返し・・・
出来た~
シュンクンは何度かハンドラーを振り返ってしまったりすることがあったけれど、チーたんの理解は素晴らしい~
いや、単にハンドラーとの関係性が薄い、ということかもしれないけど・・・

「Ready」と補助コマンドをかけると、手で示された方向をちゃんと見て、そのまま走り出すのはチーたん。
そこをすかさず褒めると、それを聞いたシュンクンが即座に反応して走り出す、といった具合(笑)

2頭引きなので、シュンクンの腰の負荷も軽減できるし、登りこう配でテンションが下がり気味な場所も頑張って進めていました。
報酬として投げられる玩具はあえて1つにしているため、チーのやる気が俄然しているのは言うまでもなく(笑)
与えられた玩具は2頭で引っ張りっこするのに十分な大きさのものを用意しています。
シュンクン チー 2頭引き橇動画

キツイ登りこう配を走り抜けた後や、コーナーを曲がれた後など、強化したい箇所を過ぎたところで玩具を投げて褒めます。2頭で引っ張りっこが始まるため、橇につないでいるロープをすぐに離します。

DSC02427_convert_20170214132812.jpg
DSC02453_convert_20170214133646.jpg

人の昼食タイムにはワンズもソフトクリームで糖質補給(ウソです。可愛いから与えたいだけです)
DSC02462_convert_20170214133122.jpg

400mコースを午前中は続けて3周、午後は2周して終わり。
2周目になると格段に速度が遅くなるので、見た目以上に疲労するのが分かります。犬たちはやりたがりますけどね。ほどほどで終了。橇の練習後はドッグランで負荷のかからない自由運動でクールダウン。
DSC02496_convert_20170214133323.jpg

2頭共、楽しく遊んだ1日でした。
DSC02504_convert_20170214133356.jpg
2017.02.14 / Top↑