FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ラリーオビコンペが那須のAFCにて開催されると聞き、エントリー。
チーもシュンクンもまだレベル1なので、リード付き。早いところ昇格して、リードなしでの作業に移りたい。2回で昇格できると勘違いしていたけれど、3回のQFが必要らしい。
久しぶりの那須~。遠い。。。
眠さで意識が遠のきそうになる東北道をひたすら運転。10年前は、綺羅りんのレッスン受講のために毎週、AFCに通っていたのよね、信じられん。若かったからできたのよね。

9時に競技開始なのに、AFC到着が8時50分。
バタバタしてシュンクンの出番に。
まずまずの集中で、209点/210点 を獲得。無事に合格いたしました。

チーたん、アップはまずまず。
ところが、リンクを見て挙動不審状態に。
とにかく歩き始めたものの、4番カードに到達前に座り込みもぞもぞ。
うそ~ん
まさかの脱糞。
ストレスだったのね。
また8月に出直しましょ。


 
スポンサーサイト
2018.06.10 / Top↑
6月2日(土)、woofにて開催されたアウラさんファンマッチに参加しました。
1年ぶりの参加。1年前のファンマッチの昼休憩時に、woofの林ランでシュンクンは チーとのバッティングで左上腕を負傷。私は一人で踊ったのだったなぁ。
ご近所犬のグリュックの最後の演技も見たし、思い出深いイベントの1つだった。

あれから1か月半ほどでシュンクンの脚は改善。
でも、お気に入りだった「CHICAGO」のルーティンを練習するのは、足の負担であると考えて諦めたのでした。それで、「ONE」に取り組むことに。。。

さて、チーちゃんの「DREAMGIRLS」
アップは◎
でもぉ~、中盤前あたりからどよよ~ん。あ~、DDJの再現かしら。。。
6回連続のムーブは4回に、4回連続ムーブは3回に、といった具合に犬のムーブを減らす。曲はどんどん流れていくのに、チーのテンション低いためにカウントがどんどんずれていくので、ムーブを減らすしか対応策がないのね。
ハンドラー的には不完全燃焼的な心理だけど、チーはチーなりに頑張ってたことは事実。
演技を見ていたSRママが、
「ママのスカートのフリルが、チーの目にかかるのが意気消沈の一因かもぉ」
と。
MMママが撮ってくれた写真を見ると、確かに。。。

received_1835661949832545_convert_20180610144110.jpeg

received_1835661996499207_convert_20180610143824.jpeg
received_1835661876499219_convert_20180610143925.jpeg
ビミョーに目にかかるような、かからないような。。。
来週のLBCFではもっと短いスカートで検証してみよう。

シュンクンの「ONE」
DDJのジャッジだったモニカとササに指摘された、後ろ半身へのアプローチ&地団太踏みの改善に取り組んだ10日間。かなり成果を実感できつつも、これをルーティン中に反映させるのは牛歩のごとく。
それでも、曲の冒頭~中盤初めにかけて練習した通りを再現できたことを確認できたので、大満足。
小さなステップでも分かりやすく、シュンクンと会話しながら精度を上げていくつもり。
主催の西田さんから「Walking Award」をいただいて感無量でした。
完成にはほど遠いながらも、懸命に取り組んでいる姿勢が見られたからだそうです。自分の犬と向き合うことは、自分と自分の犬のためであるから、点数や順位のためではないのですが、頑張ろうとしている姿勢を認めてもらえることは嬉しいです。


アウラさんのイベントでは、他団体主催のイベントではお会いできないペアの参加も多いので、そうした方々の演技を拝見するのは楽しみです。お久しぶりにお会いするペアも、着実に進化しているのを見て刺激をいただいたりして楽しい。

チーとも、シュンクンとも、それぞれ成果と課題を確認して実りあるイベント参加となりました。
主催の西田さん、アウラスタッフの方々、ご一緒してくださった方々、ありがとうございました。


2018.06.10 / Top↑
競技会志向でドッグダンスを楽しむペアにとって大きなイベントであるDog Dance JAPANさん主催の競技会が先週末にWoofにて開催されました。
今回は、10月にスイスで開催されるOEC競技会の日本代表を決める選考会も併催。今年のジャッジはスロベニアのモニカとササが。選考会は、日本の幸松先生も。

アジリティやディスク競技よりは犬の身体にかかる負担が少ないダンスだけど、来月には7歳になるシュンクンと真剣に取り組むことができる時間にメリットがあることも事実。2018年、2019年を目途に、トーンダウンしていくことを視野に入れて、今年は選考会にチャレンジすることにしました。

昨夏7月から取り組み始めた「ONE」。
構成、ルーティンタイム、演奏バージョンなどを何度も変えました。その度にシュンクンはプチパニック。選考会に出ることを決めてからも、
そのこと自体が犬にとって負担なのではないか、
人間のエゴなだけではないか、
自問自答しながらの自主練習となりました。

本番でも練習中も出る、シュンクンの鼻鳴き。
以前は、鼻鳴きを止めさせる方法を試行錯誤していたっけ。
でも、鼻鳴きはシュンクンからのメッセージ、と考えるようになり、ほんの一瞬でも出る鼻鳴き箇所は全部拾い上げる練習に変えました。小さなステップで丁寧に。
ワカラナイところ、不安なところを教えてくれる鼻鳴き。煩わしいものから、会話の糸口をくれるサインに思えるようになりました。
やり取りの一つ一つが、恋人とイチャイチャするようでとても楽しい時間でした。
こうした向き合い方は、選考会に出るという前提がきっかけとなったことは事実です。その時間で得たシュンクンからの信頼や、自分の充実感は、コンペに出ずとも 目的をほとんど達成したような気分でした。このことに本心から思えるようになり、とても静かな気分で会場入りすることが出来ました。

<ワークショップ>
「ONE」で25分間のマンツーレクチャー。
ハンドラーの振り付けやルーティン構成は完璧、と褒められました。が、。。。
犬のポジション理解はまったくNG。と。。。
そもそもシュンクンの後ろ足の位置、向き、立ち姿、後半身の使い方、全てがNG、と。。。

かなりショックな25分でした。
指摘されたことは納得のいくもので、それを突き詰めて改善させる努力を怠ってきたのも事実。でも、競技会まで1日で修正しようもない。。。
ほとんどドナドナの気分。

<競技会 チー>
チーにとって本競技会がデビュー。
本当は4月のオプデスがデビューとなるハズだったけど、ヒートで予定が狂った。前日のワークショップでの母のショックがチーに影響を与えたのか、当日朝はチーはヨーグルト食べず、オヤツ食べず。
ランでは走ったり、レトリーブしたり出来るものの、会場では覇気なし。
表情が暗く、顔が上がらず、毛が逆立ち。。。
1歳未満のチーに戻ったみたいだ。おだててもダメ。
とにかくチーの動きに合わせてハンドリングすることに決める。ハンドラーの振り付け、ステップも小さく。すべての動作をルアーリングに。
チーちゃん、犬のムーブは4割ほどカットして何とか演技を終えました。

この曲は上半期で終了のつもりだったけど、秋にリベンジだね。もう少し踊りこんで、自信もってもらいたい。

宿泊部屋に戻るとすぐにウトウト。こちらが考えていたよりもはるかに疲れているようなので、食事は半量に。消化に費やす体力を少なくする。食べ終えるとすぐにまたウトウト。

<競技会 シュンクン>
元々、良い結果を出そう、という「欲」が削げた感のワタクシだったけど、1日前のワークショップでの指摘の言葉が刺さってしまって ますます淡々とした心持ち。
アドバンスクラスで最後から2番目の出陳順だったため、本リンクで演技中のペアから伝わる緊張感を感じ取ったシュンクンがカーミングを見せ始める。
いつも必死に応えようと向き合ってくれるシュンクン。ありがたくて、愛おしくて、涙がこみ上げてしまう。
アップに時間をかけることは止めて、サブリンクでもホワイエでもTタッチをたくさん施すことにする。犬のためにTタッチをするのだけど、どんどん自分の気持ちがニュートラルに変わっていくことが分かる。
シュンクンの顔つきも和らぎ、とても良い状態でリンクイン出来ました。演技は前半はとても良い出来。中盤頃、ジャッジ席の延長線上にいるころから鼻鳴きが始まり、演技終わりまで終始止まらず。
テンパったシュンクンはハンドサインに過剰に反応して、ますますテンパる。予定していたポジションは1つまるまる欠落。それでも何とか大きく破綻せずに踊りきれました。
なんと、結果は1位(9頭中)。
かなり衝撃的に驚きました。

ダンス仲間が次々に「おめでとう」を言いに来てくれたけれど、あまり実感なく、選考会での演技で少しでもシュンクンの不安を少なくしてあげるには、ということの方に気を取られる。

<代表選考会>
くじ引きで出番は3番目(5頭中)。
1回目の演技よりもコンテンツは表現できたけれど、シュンクンの精神状態は1回目の方がマシだった。
ジャッジの評価も、1回目より0.1~0.3ポイント下がった。
それでも、総合で1位(5頭中)となり、代表権ゲット。
精度低いパフォーマンスだったので複雑な心境で、代表入りの結果を聞きました。
でとにかく、シュンクンはよく頑張ってくれました。

ありがとう シュンクン。
また一歩 進化できたね。
さらなる進化を一緒に歩もうね。


IMG_20180520_181046_convert_20180522020822.jpg


2018.05.22 / Top↑
6月3日に左前足を負傷したシュンクン。
左前肢は、過酷な負荷がかかったために変性していることは1年前に判明していました。幼少期から過度なアジ練を重ねたことが原因と考察されます。レッスン受講+自主練習は週5日を超す週も少なくなく、4歳半頃に、走る際に両前足の上がる高さに差があることに気付いたため生体細胞採取術を行ったのです。ラボからの回答は、
「肘関節、及び骨に異常は認められず。しかし、腱や靭帯に軟骨成分とおぼしき異物の取り込みが見られ、この異物含有により腱や靭帯の柔軟性が損なわれている可能性が高い。」
というものでした。
この細胞採取後、切開した部位を縫い止めた内縫合糸(溶ける糸とされているタンパク質性の糸)に免疫反応が出て、患部が噴出。筋肉と皮膚の再生に合計8か月を要し、その間は運動制限、という使役犬にとっては長くツライ日々が続きました。

皮膚の再生手術が終わった後、バランスエクササイズを取り入れて不均等になった四肢の筋肉量を近づける努力を10か月間、続けてきました。本人はいつも元気だったし、馬尾症候群を抱えた下半身に無理のかからない運動をつづける限りは日常生活にも何の支障もないように見えました。

以前のトピックにも書きましたが、麻酔にアナフィラキシー症状が出るシュンクンにはCT撮影などで患部の特定をすることも、内縫合糸に拒絶反応が出るため外科手術による腱や靭帯の縫合術も不可能です。私が選択した治癒法はホメオパシーによる自然治癒でした。

私が信頼するホメオパスによるカウンセリングを受けた際に、
「肝臓の疲弊がものすごい。通常個体の数値を100とすると、シュンクンは50以下。具体的には、麻酔毒による肝臓疲弊。肝臓が疲弊していると、個体が本来持っている自然治癒力や免疫力が機能しない。」
と指摘されました。

犬の食事についてのカウンセリングを行っている私の仕事の関係上、我が家には肝臓ケア用のサプリメント類は複数種常備していたし、当然、そうしたものを用いて通年の肝臓ケアを怠ってこなかったため、この指摘にはかなりショックを受けました。
けれども、6年間のシュンクンの人生の中で、1歳2か月時、3歳8か月時、4歳8か月時、5歳2か月時、5歳3か月時の合計5回の麻酔で、アナフィラキシー症状が出るようになったことは事実です。同回数の麻酔でも副反応が出ない個体がいることも事実。まずは、ホメオパシーによる麻酔毒出しを図りました。

ホメオパシーでは、過去に体内に取り込んだ有毒物質は最新のものからしか排毒できません。QXソフトによれば、シュンクンの肝臓に蓄積している毒は、麻酔毒、ワクチン毒、エトキシキン、ステロイド、放射線、など。最も酷いものが麻酔、ということです。

ホメオパシーレメディを摂取し始めて10日。まったく変化なし。同じレメディを、服用の仕方を変えて10日後、シュンクンの右目の際にデキモノが。
IMG_20170702_095150_convert_20170803181721.jpg
実は、麻酔のアナフィラキシー症状が最も顕著に出たのが、右目でした。ボンと大きく腫れて、充血が酷く、腫れが完全に引くのに5日を要しました。
このデキモノが出来たころを境に、シュンクンの前足の使い方に変化が。本人も意欲的に動こうとします。良い兆候!
1日に5回ほどの排尿の色が濃くなったり、薄くなったりしましたが、全体に排尿量が増えました。そして腹部の皮膚の色が顕著に変化。
IMG_20170803_175246_convert_20170803182203.jpg

もともとキレイな腹部の皮膚でしたが、排毒を意図し始めて1か月半経過した今、全体に以前よりも白っぽくなっています。

月に2回、施術を受けているカイロプラクティックの獣医師からも、
「肝心要(かんじんかなめ)の肝臓、腎臓、心臓のケアは大事」
と。
腹部の皮膚の厚さや色は肝臓の状態を反映するそうで、白っぽくなっているのは排毒中だそう。この後に少しピンク色を帯びてきたら肝臓の中はかなりキレイになっているそう💛

1か月半、麻酔の排毒を意図した後に、再びホメオパスによるカウンセリング。
麻酔毒は完全には出し切っていないものの、数値は50くらいまで改善。QXソフトも、現行で一番悪影響を及ぼしている体内毒はワクチン毒、と。ワクチン(狂犬病)による毒は、ホルマリン、水銀、鉛、などを含むと考えられます。8月末までは、これらの排毒を意図してレメディを変更。加えて、腎臓のサポート。
排毒を行うと、肝臓の状態が良くなるものの、肝臓も腎臓も疲れます。よって、通常の運動量でも疲れやすくなることも事実で、最近のシュンクンは家内ではシニアのように寝てばかりです。
もちろん活動時は活発です。

そして、6月末にできた右目のデキモノ、今ではこんな感じになりました。
IMG_20170803_180640_convert_20170803182354.jpg
ほとんどワカラナイ~

健康相談を受けている際に肝臓のサポートケアをお薦めすると、
「うちの子、血液検査ではまったく問題ありませんから」
と言われることはよくあります。
もちろん、我が家の歴代の犬達含め肝数値に問題が出た個体はいません。それでも、シュンクンの肝臓の状態が良くなかったことは事実だし、肝臓状態によって彼本来の自然治癒力が阻害されていたことも事実だと思います。
血液検査で肝数値に異常が出る時には、肝細胞の75%がダメージを受けている。と、ホリスティック系獣医は言います。そうなる前に、日頃から肝臓ケアを継続することが大事なのだ、とシュンクンに身をもって再認識させられた思いです。

チーも当然、パピー時にワクチンを接種していますから、近いうちに排毒をさせたいと考えています。

シュンクンの場合は、前肢トラブルの治癒遅滞、という形で肝臓の状態が悪いことが判明しましたが、こうした形で判明しないまま生活を続ければ、肝臓や脾臓などの内疾患と言う形での発現になってしまいます。
ウルソのような臨床薬やハーブ系のサプリメントは肝細胞に外側からの+α的なサポートはしてくれますが、根本的な排毒までは意図できません。ホメオパシーのような自然療法がもっと周知されると嬉しいです。
ちなみに、ホメオパスによっても異なるでしょうが、療法によるセッション料金は、
カウンセリング 1回8,000円
レメディ    1か月分 8,000~10,000円前後
です。
1か月で2万円ほどかかる計算ですが、3~4か月で1ターンと考えていいと思います。




2017.08.03 / Top↑
6月25日(日)、初めて、ノーズワークコンペに参加してきました。
「楽し~、もっとやりたい!!!」
というようなシュンクンとチーの声が聞こえてくるようなコンペでした💛

昨年5月に来日したロクサンヌさんのノーズワークセミナーを受講して、数か月の自主練習。室内&屋外(自宅庭)での練習は、たったの3か月で行き詰まり。隠し場所、隠し方などが、どうしてもパターン化しがちなのです。&現行でのそれぞれの犬の課題や目標を明確に把握できなくなってしまったのです。
そこで、指導をU先生にお願いしたのでした。
昨年9月から固定のグループ仲間の毎月2回のレッスン。このレッスンがとても意味のあるものでした。
シュンクンやチーの理解進化を実感できることはもちろんですが、固定のメンバーで受講することで、各犬の課題や進化をリアルタイムで目の当たりにできました。このことが、自分の犬を客観的に観察することにも繋がったなぁ、と実感しています。

今回のコンペでは、各ペアが作業中の様子を見学できるかどうか自己申告しています。自分が出陳しないクラスで見学可のペアのパフォーマンスを見ることも、非常に参考になりました。練習に何が足りないのか、何を強化してきたから素晴らしいパフォーマンスになったのか、など、解説者がいなくても自分なりに理解できるようになりました。シュンクンやチーのパフォーマンスの精度や質を上げるためには、こうした自分自身のスキルを上げることはとても大事なことです。

ノーズワークコンペは、正確性&速度を競う競技です。
シュンクンもチーもフードサーチを行っており、アロマへの移行はあと1年~2年は先にしたい意向です。コンペ出陳の目的はただ1つ。
「いつもレッスンで行っているように、スムースに探究作業に入れるか、
この1点のみ。
Hideを探し出すまでのタイムなどは、どうでもいい。

そういう意味で、シュンクンもチーも母の気持ちに十分過ぎるほど応えてくれました。いつものレッスンメンバーも素晴らしい集中を見せてくれました。

オブジェクトフードサーチ:シュンクン 5秒92 2席
             チー    9秒38 5席
インテリアフードサーチ :シュンクン 4秒46 4席
             チー    4秒41 3席

結果としては、シュンクンもチーも好成績でしたが本当にそんなものはどうでもいいのです。
環境や雰囲気が違っても、ハンドラーに多少の「欲」による違和感があっても、戸惑うことなく自信をもって楽しんで作業できるかどうか。
このことだけがエントリーの成果。
そういう意味では、この半年間に継続してきたことが間違っていなかったことを検証できました。
ありがとうね~、シュンクン、チー。
283_large_convert_20170707231637.jpg

422_large_convert_20170707231943.jpg

楽しくて、美味しくて、自信のある作業のノーズワーク。
やりたくて、やりたくて、仕方ないのにもかかわらず、待機も静か、スタート時も静か。
作業に取り掛かる前の犬の姿態としては理想的。ダンスコンペの時も同じように、自信に満ち、余裕の心境で過ごしてもらいたいなぁ・・・
っていうのが、「欲張り」なんでしょうかね(汗)






2017.07.07 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。